1. まとめトップ

【塾講師バイト】授業準備時間は長いってホントかー?

長いの短いの長いの・・・それとも短いの?

更新日: 2015年05月22日

sotomiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
7 お気に入り 2013 view
お気に入り追加

人気のバイトの代名詞 塾講師!!!

・時給
・シフトの自由さ
・やりがい

すべてにおいて他のバイトより上位の評価をうけている

大学生ならば一度はやったことがある人は多いはず

そんな塾講師の実態に迫る!!!

業務内容

①授業の準備
→簡単にいうと使うテキストの予習のようなものです。

②授業

③授業の進捗の記載

④塾長に報告

ちょっと待ってw授業の前後多くないですか?www

説明しましょう・・・

授業準備は正直にいってキリがないところがあります。

まずテキストを読み
そして解き
教えるポイントを把握

これを完璧にしようと思うと1時間はまずかかります。

授業が終わると、その生徒ごとに
資料を作成します。

慣れると生徒一人分を5分程度で片づけられます。



しかし、

【最後の関門】

塾長のチェック…


ゴクリ・・・・


結構これが厳しいのです。

長いと30分くらい指導されます。

だけど、その時間こそが大事だって気付いたんだ

塾講師を始めたときは授業以外の時間がとても嫌だった。

けど、その時間がなかったら私の成長はなかったと思う。

そもそもバイトはお金以外に得るものがなければ
やる必要なんてないと思います。

いまではあの時の苦労が活きてきています。

無駄な時間なんてありません。

やりがいを見つけるなら絶対に塾講師です。

私は大学生の時にバイトで塾講師をしていましたが、

やりがいはあったし時給も良かったし

いっぱいバイトをしましたが、一番良い経験ができました。

一度やってみると楽しいバイト生活がまっていると思いますよ!!!

関連サイト

1