卵巣の形を保ったままのものは「真子(まこ)」といい、比較的高値で取引される。主に贈答や接待に用いられる。皮が切れたものを「切れ子(きれこ)」と称し、比較的安価で家庭用として好まれる。さらにまったく形がなく粒のみのものを「ばら子(ばらこ)」という。ばら子はパック詰めにして業務用に使用されたり、チューブに入れたりして販売されている。切れ子には少し切れただけのものから、ほとんどばら子に近いようなものまで多種が存在する。なお、真子・切れ子・ばら子の品質には特に違いはない。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

汎用性のある辛子明太子(からしめんたいこ)料理レシピの数々

日本の、特に福岡県で人気の辛子明太子(からしめんたいこ)。味が日本人好みなのと、材料が魚の卵で汎用性があるため、和洋問わず幅広く様々な料理に組み合わせて使用されています。

このまとめを見る