目がキョトンとして情けなく、ユーモラスというか、かわいらしくすら感じさせる

出典狩野博幸・横尾忠則『無頼の画家 曾我蕭白』: ものろぎや・そりてえる

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

まさに唯一無二。狂気の絵師『曾我蕭白』がエキセントリックすぎる…(゚д゚)

不気味でグロテスクな表現と高度なテクニック、その独創的なスタイルで、狂気の絵師や異端の画家などと呼ばれる『曾我蕭白』とは一体!?

このまとめを見る