さあ、宴会をはじめましょう。ここで大切なのは挨拶の順番です。

1.「開宴の挨拶」
ここでは幹事となるあなたが開宴の挨拶をしましょう。挨拶といっても長々と話すのではなく、今回行う会についての説明を簡潔に行いましょう。

2.「はじめの挨拶」
はじめの挨拶は参加者の中で「一番役職の高い人」へお願いします。事前にお願いをしておくことを忘れずにしましょう。

3.「乾杯の音頭」
乾杯の音頭は「はじめの挨拶」と一緒にお願いしちゃっても良いかと思います。「開宴の挨拶」の際に、「初めの挨拶と乾杯の音頭をお願いします」と頼んでおくとスマートです。

挨拶と音頭を分けて行う場合は、「三番目に役職の高い人」へお願いしましょう。これも事前にお願いしておくことを忘れずにしておきましょう。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

社会人の常識!幹事が気を付ける10のこと

幹事が気を付けるべき10のことを準備から当日の流れでまとめてみました。

このまとめを見る