1. まとめトップ

【新感覚】乃木坂46 × 桃太郎で昔話が新感覚ドラマになる♡

「桃太郎」は桃から生まれた桃太郎がお婆さんから“きびだんご”を貰って、イヌ、サル、キジを従えて鬼ヶ島へ鬼を退治しに行くというお話です。今回、新たな息吹が吹き込もうと乃木坂46とのコラボレーションを試みました。どうぞお楽しみください。

更新日: 2015年08月03日

1 お気に入り 2308 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mokujikuさん

◆乃木坂46 × 桃太郎◆

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。

おじいさんは山へしばかりに、おばあさんは川へせんたくに行きました。

おばあさんが川でせんたくをしていると、ドンブラコ、ドンブラコと、大きな桃が流れてきました。

「おや、これは良いおみやげになるわ」 おばあさんは大きな桃をひろいあげて、家に持ち帰りました。

そして、おじいさんとおばあさんが桃を食べようと桃を切ってみると、なんと中から元気の良い男の赤ちゃんが飛び出してきました。

「これはきっと、神さまがくださったにちがいない」子どものいなかったおじいさんとおばあさんは、大喜びです。

桃から生まれた男の子を、おじいさんとおばあさんは桃太郎と名付けました。桃太郎はスクスク育って、やがて強い男の子になりました。

ある日、鬼に金品を奪われ困り果てる村人を見て、桃太郎は鬼退治に行くと言い出しました。

おばあさんにきび団子を作ってもらうと、鬼ヶ島へ出かけました。

旅の途中で、イヌに出会いました。「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」

「鬼ヶ島へ、鬼退治に行くんだ」

「それでは、お腰に付けたきび団子を1つ下さいな。おともしますよ」 イヌはきび団子をもらい、桃太郎のおともになりました。

そして、こんどはサルに出会いました。「桃太郎さん、どこへ行くのですか?」

1 2 3