1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ととtoさん

廃墟の紙人形…

初投稿です。
ちょうど3年前の話。
「やっぱ夏は肝試しだろ!?」
という私の思いつきで、友人のH、Mと事故で死人が出たばかりのトンネルへ遊びに行きました。

そこは車で15分くらいの地元でも有名な心霊スポットで、酒の入った私たちのテンションはMAXでした。
着いて真っ先に目に入ったのは、花と線香とジュースとお菓子。
死んだのは20代くらいの男性だったらしいです。
一応私たちも持っていた缶チューハイとつまみを供えて、
「呪わんで下さいね~」
なんて言いながら道の際に車を停め、トンネルへ歩いて入っていったんです。
ですが予想に反し、夜中にも関わらず交通量の凄まじいこと。
私たちが期待していたものは全く現れそうにありません。

「おいおい!こんなんで幽霊見れんのかよ!!」「成仏しとんじゃね?」「ツマンネ」
などと言いながらまた3人で車へ引き返すと、その路駐させている車の向こうに背の高い草に挟まれた道があるのが見えました。
これは行くしかない!!
私たち3人は本当にバカでした。ただ単に怖いもの見たさと好奇心で、人がやっと通れるほどの細い道を進んでいったんです。

で、結構歩いた先にあったのはお約束とも思えるおんぼろ廃墟。
バカのテンションはMAX。
「これは絶対出るやろ!!」「なんやここ!!寺か!?」「やべぇ!絶対出るって!!ww」
誰も止めないんで、もうやりたい放題して廃墟の探索をおっぱじめました。

ですが廃墟…とはいったものの、私の住んでる田舎ではよく見る物置小屋で、
農具とか、そういったどこの家にでもあるようなものが置かれているだけでした。
でも窓は割れていたし、鍵もかかってなかったので廃墟と勝手に決めつけて探索していたんです。
すると…ガシャンという音がした後、Mがぶっ倒れました。
私もHも冗談半分に「転んでんちゃうぞマヌケww」やら「お前モノ壊したら弁償やけんなww」
などとからかっていると、M。
「足首掴まれた!!」そう急いで起き上がって叫びました。
Hは「あほか」と飽きれ気味に言っていましたが、どうしても幽霊の見てみたい私は「まじか!?掴まれたん!?どこで!?」
などと一頻り聞いた後、Mの指差す方を携帯の画面で照らしました。

…で、あったものもお約束。
お札の貼られた葛篭。
そして間髪入れずに札を引っぺがし、中身を床へぶちまけるH。
これには流石のMもドン引きしていました。
ですが床へぶちまけられた葛篭の中身、おんぼろの市松人形(?)らしきもの以外は可愛らしいもので、
おはじき、ビー玉、お手玉、筆、あとはなんか…人の形に切り抜かれた紙?
まぁ携帯の明かりでしか見ていませんが、かなりねんきの入ったものに見えました。
するとM。「お手玉とか…もし封印されとったんが俺らんトコに出てきても、あんま怖くなさげやなww」
私。「今日、布団の中に出てくるのは幼女かもなww座敷童的なww」
そんなバカ二人でキャッキャウフフな話をしていると、Hが冷静に一言。
「おかしい」
私もMも顔を見合わせて「はぁ?」なんて言いましたが、Hが言うには

・他のお手玉だか人形だかはかなり古いのに、この人の形しとる紙だけ真新しい。作ったばっかみたいや。
・そもそも座敷童をこんな厳重に封印すっか?
・あとこの紙切れに字ぃ書いてあるけど、血じゃね?

以上のことを冷静に聞き入れ、私たち3人は悲鳴を上げながら走って車まで帰りました。
そんで車に乗って、電気の下で自分の腕見てびっくり。
なんとその紙人形が貼り付いていました。
急いで引き剥がしましたが、紙人形についていたであろう血が私の腕にまでついて半狂乱状態。
ですが家に着く頃にはその血も擦りまくったせいで見えなくなってしまい、私もMも大人しくその日は家へ帰ることにしました。

…で。問題は家へ帰った後。
愛犬に吼えられまくるし、風呂に入ったら窓の向こうに人影が見えるし。
え?まじで憑いたの?
なんて期待半分、不安半分の状態で布団へ入り、少しうとうとし始めた時。

出ました。

赤い着物を着て、おかっぱ頭の前髪を可愛らしい紐で縛った色の白いお人形さんのような幼女。

ではなく、

くすんだ着物を着、髪は長く真っ青な顔をしていたガリッガリの男。
そいつが枕元で自分を見下ろしているんです。

私「ぴぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」←本当にこんなカンジ悲鳴が出ました。
幸い金縛りにはかかっておらず、私は転がるように部屋から脱出したのですがその日は他の家族がいなかった…
怖すぎて家にいることもできず、素足のまま外へ飛び出して一番家の近い友人宅へ転がり込み、「南無阿弥陀仏」を唱えながら一晩過ごしました。
(その友人からしたらいい迷惑だったでしょうね)
そして表が明るくなると急いで外へ飛び出し、知人が神主を務める神社へ転がり込んだんです。

するとその神主さん、私を見るなり凄く険しい顔を。
「ホント朝早くからすんません!!なんか、その昨日男が立っとって…」
あの時の自分は何を言っているのか全く分からなかったと思います。ぶっちゃけ、何を言ったのか今でも思い出せませんから。
そして私の話を黙って聞いてくれていた神主さんは、
「腕のアザどうしたの?」そう私が落ち着くと優しく聞いてくれました。
私「アザ…?」 神主「そうそう、右手腕の」
一応確認しましたが、そんなものどこにもありません。
神主「…なんか、右腕に変なもん触らなかった?」
心当たりは一発で思い浮かびました。昨日、あの紙人形は右腕に貼りついたんです。
泣きそうになりながら昨日の肝試しのことと、葛篭のお札のこと、あと紙人形のことを説明すると、
神主さんは一度深く考えた後に神社の奥へ戻り、少したってからまた戻ってきました。

なんか…棒の先に紙?みたいなのが付いた埃叩きのような神主ステッキ(私たちはこう呼んでいます)を持って。
そして私の右腕を掴んでぺしぺししたり、呪文唱えたり、なんか酒みたいなのかけたりしこたまやった後、
「…無理」
絶望的な言葉をぼそっと言いました。
なんでも、神主さんじゃ手に負えないとか。
どうやってもアザが消えないとか。
私の守護霊様が消えちゃってるとか
守護霊が消えたらどうにもならないとか…
そんなことを沢山言っていたような気がします。

「…ごめんね」
神社を出る時、神主さんの方が半泣きになりながら、最後には私に全種類のお守りを持たせてくれました。
本当に申し訳ないことをしたと思いましたが、これから、自分はあと何年生きられるのか切実に不安になりました。
「大丈夫!お守りがあったら3ヵ月は持つから!!」
その言葉が本当に苦しかった…。

神社を出た後、家に帰る気も起きなくてHの家へ行ったんです。
もしかしてアイツも憑りつかれて、私と同じような奴に追っかけまわされてるんじゃ…?
なんて少し不安になったんで。
でも杞憂というやつでした。

H。元気そうに庭の草むしりしてましたから。
そこで自分の身にあったことを報告したら、H爆笑。
しまいにはMも呼んで心霊写真撮れるかどうか実験しようとか言いだす始末。
その日は腹立って帰ったんですが、もとはHが葛篭の札破いて中身ぶちまけたのが原因じゃないですか。
私の所に化けて出てくるなんて逆恨みもいいところだ。
そう怒りの方が大きくなっていって、誰もいない家へ帰ったんです。
3年前は今以上に馬鹿でしたからね。
憑いてるやつとタイマンはって、捻じ伏せてやろうという安直な考えで動いたんです。
呪いより拳のが強いだろうと本気で思っていたんで。

…で。自宅で一人になってようやく気付いたんですが、本当にポルターガイストってあるんですね。
冷蔵庫急に開くわ、中から牛乳倒れてきて床にぶちまけるわ、テレビが3分に1回くらい電源落ちるわ散々でした。
そしてようやく夜になって、いよいよ決戦かと自分の中で腹をくくって風呂入って水飲みに台所行ったら、
犬が壁の方へ向かってめっちゃ吼えてたんです。
私そこにヤツがいると思い、急いで食塩投げたら犬が吠えるのやめちゃって…
私そこで退治した気になったんです。
「やべぇww食塩マジ強ぇやんww」
なんて言いつつ自分の部屋へ行って布団に入ったら、部屋の本棚が倒れました。

そしたらどんどん他のも倒れ始めて、もう怖くて怖くて布団から出て立ち上がったら
左隣に昨日の奴がこっち向いてぴったりと立ってたんです。身長は当時162cmの私と同じくらいでしょうか。
もう悲鳴も出ませんでした。

急いでまた台所まで行って、次は愛犬(さくら♀、ルート♂)を抱えて私の部屋へ放り込みました。
(今思えば最低な飼い主ですね)
しばらくぎゃんぎゃんぎゃんぎゃん犬の騒ぐ音が聞こえた後、静かになったので中を覗くと
もうそこには誰もいませんでした。
アイツの弱点は犬だ。
バカなりにいい点はついていたようです。
その日犬と一緒に寝ると、もう怪異には遭いませんでした。

そして次の日。
Hに車を出してもらい、Mも一緒に例の心霊スポットまでまた行きました。
また適当に路駐して、細道を辿って、着いた先は先日の物置小屋…と思いきや、そこは壁で行き止まりになっていました。

道を間違えたかといろいろな場所を探しましたが、小さいとはいえ小屋を置くスペースなんかどうみてもありません。
何時間も彷徨っていたんですが、あの日はみんな酔っていた。
そう結論付けて解散となりました。私としては酔っていたじゃすまなかったんですがね…

それからも怪異は幾度となく続きました。
昼夜問わずアイツの姿を物陰なんかでは必ず見るし、なんの前触れもなく近くのものが落ちる。
視線を感じるとかはしょっちゅうでしたが、だんだんそんなことにも慣れていきました。

悪霊らしく危害を加えるといったこともなかったので、仕舞には容姿から「ホラーマン」
などとあだ名をつけて呼ぶようになっていました。今ではとてもいい思い出です。

今日、あるきっかけでそのことを思い出して投稿させていただきました。
まだ話はあるんですが、またストックを溜めて出直してきます。
ありがとうございました!

曰くつき廃墟巡りの探検で視たゾッとする光景

今から10年以上前、小5の時の話です。

当時私のクラスでは、廃墟を探検して結果を報告し合う
「廃墟巡り遊び」なるものが流行っており、
毎週月曜日は、土日の間にどんな廃墟に行った、とか
こんな体験をした、こんなものを見つけた、などという話題で持ちきりでした。

カルテを持って帰ると、その日の夜にしわがれた男の声で
「カルテ返せ」と電話がかかってくる、という噂で名高い廃病院や、
一家全員が命を奪われた、通称皆コ口しの館(今はもう焼失しています)、
遺体埋めスポットとして有名な某山の幽霊トンネルなど、
私自身、友人と一緒に数々の廃墟や心霊スポットを巡りましたが、
そのほとんどが満足の行くような代物ではなく、
大した発見も出来事もありませんでした。

そんなある日、友人Aが

「駅の近くにとびっきりの廃墟を見付けた」

と私に言ってきたのです。
既に地元近辺の廃墟はほとんど行き尽くした感があり、
そんな身近に廃墟があるなど思いもしなかった私は、
学校が終わった後、他に友人2人も誘って、4人で探検することにしました。

そして友人Aに連れられて、私達はその廃墟に向かいました。
駅前の細い路地をずんずん進み、地蔵が置かれた四つ角を右に曲がり、
更に蛇行した林道を進むと、鬱蒼と茂る草木に囲まれて、その廃墟はありました。
それは古びた二階建ての一軒家で、不気味にひっそりと佇んでいました。

私はこんな近くにこんな素敵な廃墟があったんだ!と
若干感動していましたが、A以外の連れの二人は、そのビジュアルに圧倒され、
「やっぱり帰ろう」とまで言い出し、かなり怖気づいていたというか、不気味がっている様子でした。
そうして私とAで半ば無理やり二人を引き連れ、中に入りました。

中は予想通り床抜け、蜘蛛の巣状態で、
日本人形や蝋燭、漢字だらけの紙など色んなものが散乱していて
私としてはかなり見ごたえのある景観でした。
最初は怖気づいていた二人も、徐々にいつもの調子を取り戻しつつあり、
四人でふざけ合いながら襖などを開けまくっていると、
押入れ?の中に、階段を見付けたのです。
(となりのトトロのさつきとメイの家みたいな感じです)
そう言えば二階建てなのに階段がない、もしかしてここから二階へ行くのか、
と、私達はわくわくしながらその階段を上って行ったのです。

二階もほとんど一階と変わりなかったのですが、
一番奥に、やけに襖が新しい部屋があったのです。
中に入ると、他の部屋は荒れ放題で汚れ放題なのに対し、
その部屋だけきちんと片付けられていて(というか中に何も無くて)
畳もまだ綺麗な緑色をしているし、とにかくとても不自然な部屋でした。

そして、何故かほのかに線香の匂いがするのです。
友人の1人が「ここから匂いするで!」と押入れを指差しました。
何だかさすがに私も嫌な予感がしたのですが
思い切って四人でその押入れの襖を開けることにしたのです。

中を開けた私達は驚愕しました。

押入れの中には大きなひな壇状の仏壇があり、
新鮮な果物や野菜、買ったばかりと思われる絵本などがお供えされていたのです。
そして最上段にはおっかぱの少女の遺影が飾られており、
両端には今さっき火を付けたであろう線香が煙を上げていたのです。

私はその時、生まれて初めて腰を抜かしました。
腰を抜かすという言葉は知っていましたが、
まさか本当に自分が腰を抜かして動けなくなるとは夢にも思いませんでした。
友人二人は真っ先に私を置いてその廃墟から逃げ出し、
友人Aは呆然と遺影を見つめながら震えていました。

その後何とか私と友人Aはその廃墟から脱出したのですが、
今でもその時のことを思い出すと鳥肌が立ち、気分が悪くなります。

ちなみにその廃墟は今も同じ場所に存在しています。

それ以来、私は廃墟に出向くことはなくなりました。

無難な廃墟を選んだはずが…

先週の土曜日の話です。
文章が拙い上に自分でも何を言ってるのかよく分からないですが、
読んでいただけると嬉しいです。今も取り乱しています。

私と彼氏、彼氏の同僚のAとその彼女のB子と遊ぶことになったのですが、
何をしようって話になった時に、彼氏とAの趣味である、廃墟めぐりに
4人で行ってみようということになったんです。
といっても、幽霊は話を聞くのは好きでも見たくないし、
私とBは初めての廃墟ということで、変な来歴がなくてヤンキーもいない、
成り立ちのはっきりした廃墟を探して、行くことになりました。

そこは、Aの親戚が元々働いていたところで、
大きなガラス製品会社が、バブル前に建設したらしいです。

従業員のための福利厚生施設や寮、観光客?のためのガラス工芸体験コーナーがあったり、
かなり大きい建物のようですが、不景気のあおりを受けて会社が倒産、
稼働して半年もたたないうちに使われなくなったそうです。
その経営者もピンピンしているし、大きな事故が起こったこともない、
国道につながってはいるが、山のほうに奥まった場所にあるので、
暴走族のたまり場にもなっていないだろうということで、Aがあたりをつけてきたのでした。

当日朝7時に集合して、その時は曇っていましたが、山に近づくにつれ晴れてきて、
私たち四人はテンション高く彼氏の車でA出発しました。
廃墟までの道はアスファルト敷きの立派な道でしたが、タケノコのせいで割れて、
そこから草やツタが茂ったりして、車一台がやっと通れるだけの荒れようで、
Aは、こんなこともあろうかと思って、とか言って持ってきた草刈り機を見せたりしていました。

廃墟は思ったより山の中にありました。
そのちょっと前にはお寺と畑がありましたが、
10分も走ると、古い自販機があるだけで、他になにもありません。
ぐるっと壁に囲まれて、大きな門の前は木のパレットでふさがれており、
周りに民家などもなく、明らかに誰かが気軽に立ち入れる雰囲気ではありませんでした。
なんとか門を乗り越えて、中に入ってみると、端のほうはともかく、中心の建物のほうは、草木に浸食されている様子もなく、休みの日の校舎みたいな雰囲気でした。
近寄ってみてみると、建物のほうがだいぶ地面より高くなっていて
中こそよく見えませんでしたが、ガラスも全部残っていて、
彼氏も「普段ならどっかが破れていて、そこから入ったりするけど、こんなにきれいだと気が引けるな、とりあえず一周回ってみるか」と言い出し、
ぐるっとまわりを歩いて入れるところを探すことにしました。

1 2 3