1. まとめトップ

ウェブプロモーションに必須のSEO対策完全攻略2015

検索エンジンでの表示順位向上を目指すSEO対策。そんなSEO対策も、検索エンジンの仕様が日々変わるため、完全な正解がなかなか見つからないものの、主に2015年現在での有効な対策をご紹介。

更新日: 2016年07月18日

moepapaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 699 view
お気に入り追加

SEO対策攻略まとめ

現代では欲しい情報を得る時、検索エンジン(特に日本ではgoogleかyahooが主)に頼ることが多く、ネットユーザーに自身のサイトを見て欲しい、何かネットで売りたい、などの場合、SEO対策はなくてはならないものになっています。

当まとめでは、小手先のSEOテクニックというより、まず、そもそもどのようなサイトが順位が上がるのか、どういう理由があると検索エンジンで上位に表示されるのか、という根幹から説明し、また、このまとめ自体もSEO対策というワードで常に上位に表示されるようにし、効果を証明しつつ解説していこうと思います。

SEO対策とは

そもそもの言葉の説明から入ります。

SEOとは、

Search Engine Optimization

の略で、 検索エンジン最適化、を意味します。

GoogleやYahoo、MSNと言った検索エンジンにおいて、 ホームページの内容に関連するキーワードやキーフレーズで検索をかけた際に自社のWEBサイトが上位に表示されるようホームページを改善することです。

調査によると、ネットユーザーがサイトを訪問する場合、およそ8割のユーザーは検索エンジンにより、希望するジャンル、テーマのサイトを発見、閲覧しているそうです。

なので、サイトを多くの一般ユーザーに閲覧してもらうためには、検索エンジンで検索されやすくすることが重要です。

その検索されやすく、より上位に表示されるように、
サイトに対してさまざまな手法を施すことを、
SEO対策と言います。

シンプルに言ってしまえば、検索エンジンへの評価をよくして、あるキーワードでの検索順位を上げることをSEO対策と呼びます。

大きく分ければ、サイト自体に改修を施して、検索エンジンに理解されやすく、かつ、高価値なサイトであると判断されるようにする施工を、内部施工・内部対策。
そのサイト以外から、リンクを貼ってもらったり、そのリンク時のアンカーテキストを評価されやすいワードになるように工夫するのを、外部施工・外部対策と呼びます。

歴史

SEOは、1990年代半ば、最初期の検索エンジンが初期のウェブを登録した時に始まった。多くのサイト所有者が、検索エンジンの登場によって自分のサイトへのアクセスが増加したため、すぐに検索結果の価値を評価するようになった。

サイト所有者はまもなく、検索エンジン提供側所定の方式にのっとり、自分のサイトのURLを検索エンジンのデータベースへ定期的に送信するようになり、ウェブを探索するソフトウェア(クローラ)の動作・評価方式に親和性の高いサイトを目指すため、自身のサイトを変更し始めた。メタ・タグ (en:meta tag) のような特殊な特徴は、検索エンジンの結果ページ(SERP:Search Engine Result Page)上で高順位のサイトの共通項となった。

SEOの定義・目的に関しては、「検索ページにおいて高順位を獲得する手法」という狭義の定義から、「サイトコンテンツに対して関心の高いユーザーのアクセスを効果的に集約する営み」とする広義のものまで、種々の言説が存在する。後者の立場を採る場合、サイトのコーディング面だけでなく、検索ページにおいて当該サイトの表示を目立ちやすくするコピーライティングや、当該サイトに向けられるリンク(外部リンク)の設置面などもSEOの一環に含まれることになる。

日本では、2002年後半から検索エンジン最適化業者が台頭し始めた[要出典]。 2007年以降、競争の激しい分野では、特に中小・個人サイトは検索エンジン最適化なくしての上位表示は非常に難しくなっている。

参考

1





パソコン大好きシステムエンジニア。普段はパソコンを自作したり、ウェブサイト・ブログ作成をしつつ、トランポリン、ホットヨガ、体操、ジョギング等の運動をしている日々。