1. まとめトップ

鳥取県に全県中最終進出のスタバができて県民大はしゃぎ☆

これまで47都道府県中、唯一スタバの無かった県、鳥取県にこのほど、2015年5月23日ついにスタバ鳥取一号店がオープンしました。全国最終の県ということで、オープン前後から大騒ぎです。

更新日: 2016年05月31日

moepapaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 3369 view
お気に入り追加

ついに鳥取にスタバが!!

これまで47都道府県で唯一スタバが無い県であった、鳥取県に、ついに日本最後の進出として、2015年5月23日スタバ鳥取一号店がオープンしました。
※画像はイメージです

スタバと言えば2013年に、残り2県の空白地であった島根に出店し、ついに鳥取県が国内唯一のスタバ空白県となっていました。

事前から下調べのために、試飲用出張ショップが来て、試飲会をしたりもしました。

開店前から大行列

その話題性から、県内外から大量のスタバファンが訪れ、開店前から1000名以上の行列ができていた、とのことです。

とにかく人人人!!!
やはり日本人ですね、こうした記念には多くの人が集結するようです。

中には前夜から徹夜して並んでいた、という人も。

行列にも理由が

スタバ鳥取一号店開店記念の限定マグカップとタンブラー。スタバファンなら見逃せないこのグッズを求め、売り切れる前に!とファンが殺到しています。

オープン後も盛況な様子

便乗できるか!?すなば珈琲

地元企業がスタバをもじった「すなば珈琲」も相乗効果で普段の週末の3倍の大入りになったという

“本家”の開店を受け、すなば珈琲では「大ピンチキャンペーン」なる自虐イベントをスタートし、「スタバよりもまずいと言われたら無料」「スタバのレシート持参でコーヒー半額」などのサービスで対抗した、とのこと。

すなば珈琲(すなばコーヒー)は、2014年4月に、当時、日本の47都道府県で唯一、米大手・スターバックスコーヒーの店舗がなかった鳥取県の鳥取市鳥取駅前に開業した、地元で展開する喫茶店である。 2014年に、鳥取県・平井伸治知事の「鳥取にはスタバはないけど、日本一のスナバがある。」という発言をもとに、地元企業「ぎんりんグループ」がオープンした。 2015年現在、鳥取市内に3店舗営業している。

参考

1





パソコン大好きシステムエンジニア。普段はパソコンを自作したり、ウェブサイト・ブログ作成をしつつ、トランポリン、ホットヨガ、体操、ジョギング等の運動をしている日々。