1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「丸山夏鈴」が残した"夏鈴のひとりごと"が切なすぎる

アイドルの丸山夏鈴さんがお亡くなりになられましたが、最後に残された言葉の数々が…切なすぎます。

更新日: 2015年05月24日

137 お気に入り 954456 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

■丸山夏鈴さん、死去

脳腫瘍と闘いながら活動していたアイドルの丸山夏鈴(まるやま・かりん)さんが22日、肺がんのため死去した。21歳。

幼い頃から脳腫瘍を患いながら、12年に歌手デビュー。

アイドル活動を続けていたが、体調不良で昨年活動を休止。肺にがんが転移したことを公表していた。

■彼女の残した最後の言葉

「時間なんて本当はないのに」

オフィシャルブログは途絶えることなく、自身で闘病と活動の記録を記し続けた。

「みんなの前ではアイドルでいたいけど、ガチ病人からの復帰はまだまだ時間がかかりそうです。時間なんて本当はないのに。」

おはよ(*・ω・)ノ 今日も仕事や学校頑張ってね( ^o^)ノ 私は眠り足りないから寝る(-o-)

本人が直接打ったと思われる最後のツイート。

■最後の言葉の数々は動画にも収められていた

同時進行で母親がブログ、その後ツイッターをスタートさせ、闘病生活を報告していた。

「娘を守る為に始めたTwitterですが、娘らに教えられる事ばかりです。」

プロフィールに書かれていた言葉。

▼「夏鈴のひとりごと」最後の3日間

皆さんにまた奇跡をお見せできたらなと約束ましたので、その約束を果たす為に丸山夏鈴の奇跡のライブ式葬儀を考えてます。 生前、「自分の葬式は賑やかにしてほしい。でも見れないのは残念!」と言っており、イベント好きな夏鈴の為にぴったりの準備が出来ました。 どうぞお集まり下さいませ。

所属事務所も公式ブログで「葬儀は故人の強い意志に従いまして、ファンの皆様も参列できる形で執り行われます」と記している。

通夜式は5月24日18:00より、告別式は5月25日11:00より福島・開成斎場にて、「たくさんの方に送っていただきたい」という本人の遺言を受けてファンも参列できる形で執り行われる。

■追悼の言葉であふれた

丸山さんが最後に更新した今月14日付のブログに、追悼のコメントが相次いだ。

1 2