1. まとめトップ

朝鮮戦争の推移と古写真。北朝鮮・ソ連・中国 VS 韓国・アメリカ軍の動き

1950年頃に行われた朝鮮戦争では、北朝鮮と韓国が自分たちの国を戦場として国土が荒廃した戦争です。中国・アメリカなども参戦して、泥沼化しましたが、結局38度線で停戦した状態になっており、現在でも緊張状態が続いています。

更新日: 2019年08月20日

3 お気に入り 24956 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

朝鮮半島の主権を巡り北朝鮮が、国境線と化していた38度線を越えて侵攻したことによって勃発した国際紛争

南北朝鮮合わせて400万人、総人口の20%にあたる。つまり、国民の5人に1人が戦死したのである。一方、第二次世界大戦の日本の犠牲者は300万人で、総人口の4%。

防衛ラインは次々と突破され、韓国軍はひたすら敗走を続けた。このようなワンサイドな戦いとなったのは奇襲によるが、軍事力でも圧倒的な差があった。

韓国軍は、総兵力10万、戦車ゼロ、大砲91門。一方の北朝鮮軍は、総兵力20万、戦車240両、大砲552門と圧倒した。

金日成(キムジョンイルの父)とスターリンの野望が合体して、朝鮮半島全部を支配しようと考えて、南に南下しました。

7月7日、七夕の日、アメリカをはじめ16カ国が参加し、国連軍が編成された。総司令官はマッカーサーである。

アメリカ軍が撮影したもので、韓国警察が政治犯として共産主義の疑いを持った人を次々と処刑。アメリカも黙認。

仁川上陸作戦

ストラブルは予定日まで20日間という短い期間で上陸作戦を策定した。

ほとんど組織的な抵抗を受けず、大規模な上陸作戦を成功させました。上陸が成功すると、そこから大量の物資を運び込みました。

朝鮮戦争で慰問を行う俳優・女優

朝鮮戦争にマリリン・モンローが慰問した事は有名です。

兵士たちが実際に映画の中の人に会える機会というのは少なかったのかもしれません。

おびただしい数の虐殺行為

北朝鮮、韓国の双方におびただしい数の虐殺行為が行われました。

ソウルの奪還から中国の参戦

38度線を境に、両軍はにらみあった。業を煮やしたマッカーサーは、中国への原子爆弾の使用を提案した。

マッカーサーは、戦況の停滞を打開すべく1950年11月に中華人民共和国本土への核攻撃を主張

マッカーサーが中国に対して原子爆弾を利用する事に対して、トルーマン大統領は、政治的立場からも原爆の利用には慎重で、マッカーサーを解任しました。

トルーマンは原爆投下について1958年のCBSのインタビューで「まったく心が痛まなかった」と語っている。

現在も残る緊張状態

1 2