1. まとめトップ

トイレつまり修理業者が乱立! 20万、30万円請求する業者も!?

このまとめに辿りついた方は少なからず、トイレのトラブルで困った方や過去に経験がある方でしょう。 現状、日本全国にはトイレの修理業者が乱立していて、ぼったくりの水道業者と安価に安く修理をしてくれる水道修理業者を見分けるのが非常に難しくなってきています。

また、全国対応の修理業者でも、実際に依頼をすると修理代金が20万円、30万円と請求される例が多々あります。
そんなボッタクリ水道修理業者から身を守る為に、水道修理業者の選び方と、注意点をまとめました。

トイレつまりなどの修理は法外な金額を請求されやすい

水周り、特にトイレのトラブル修理は法外な請求がなぜされやすいのか?
それは、依頼者側の知識不足と修理の緊急性にあります。
本格的に排水管の奥で詰まってしまったトイレつまりの修理方法は、一般の方からするとどのように修理をしたらよいか分かりません。また、トイレをはずして排水管を修理しないといけないと言われたら、言われるがままに修理をしてもらうしかないですよね。こういった、どのように修理を行うのか情報が無い為に、必要のない作業をされてしまい高額な請求を行われてしまう事があります。
また、トイレなどの日常的に使う場所の詰まりや、汚物が溢れて来て家中が臭くなってしまったら、直ぐにでも修理をしてほしい。こういった修理の緊急性が、高額な請求をしやすい状況をつくりだしています。そして、そういった緊急性につけこんで20万、30万と請求する水道業者が多数存在するのです。

google,yahooなどで検索した際にでてくる水道業者の中でだいたい2割くらいがボッタクリ水道業者といってもよいでしょう。

怪しい業者の例:その1*作業前の現場調査と事前見積りが無い

水道修理を電話で依頼する際に、必ず事前見積りが可能か確認をするようにしましょう。

この調査と事前見積りを行わずに作業を行う業者は確実にボッタクリ業者を言ってもいいでしょう。
でも、家に呼んでしまった後では勝手に作業を行われてしまい、トラブルになってしまうので、必ず電話で申込をする際に事前見積りが可能かどうか、確認を行う様にしましょう。

怪しい業者かどうか確認する為に、まずは水道修理業者に電話をして、必ず「事前見積り」が可能かどうか確認を行いましょう
そして、見積りを無料で行ってくれる水道修理業者は安心して依頼しても大丈夫な水道修理業者と言えます。

怪しい業者の例:その2*電話で相談すると2000円で直せます、と値段を確定してくる

どんな水道修理でも、電話口だけで修理代金を確定する事は出来ません。
例え、トラブル内容を口頭で伝えたとしても、電話だけで修理代金を確定してくる業者は怪しいと言えるでしょう。

「いくらで出来ますか?」の問いに対して
「だいたい~~~円くらいだと思いますが、一度状況を確認させて頂いて見積もりを出させて下さい。」
と、現地調査と見積もりを希望する業者は安心して依頼できる業者さんです。
ボッタクリ業者は家に入りこむ事を目的としてるので、「1000円でできます!」といった感じであり得ない金額を確定させてきます。

怪しい業者の例:その3*会社概要が無い、会社住所が載ってない

ぼったくり業者の特徴として、会社の場所を特定されない為に、ホームページに会社概要がなかったり、会社住所が載っていなかったりします。
また、フリーダイヤル以外にメールの問合せ先やSNS等の連絡手段があるかどうかも確認しましょう。

怪しい業者の例:その4*ホームページが古い、更新されてない、SNSやってない

ぼったくり業者は、評判が悪くなると、名前を変えサイトを変え営業を行っています。
なので、サイトに対して経費はだせず、サイトの作りが悪かったり、古かったりします。
また、長期的に経営をする気が無いので、サイトが更新されなかったり、ブログやSNS等で情報を発信していなかったりします。
そういった、情報を発信していなかったり、しっかりしたサイトじゃない業者はあやしいかもしれませんね。

あまりにも古いサイトじゃないですか? 使い捨てのサイトじゃないですか?ブログやニュース、SNS等で会社の情報や修理情報を発信していますか?
こういった点をよくみれば怪しい水道業者を回避できるはずです。

何度もトイレ詰りの修理を依頼をした筆者がお勧めする水道修理業者

1