1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

金爆・鬼龍院翔が手術を決意した「逆さまつげ」ってどんな病気?

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが自身のブログで逆さまつ毛の手術に踏み切ることを明らかにしました。今回手術に踏み切るとされる「逆さまつ毛」とはいったいどのようなものなのでしょうか?

更新日: 2015年06月04日

かげとりさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
109 お気に入り 752093 view
お気に入り追加

◆ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が「逆さまつげ」の手術に踏み切ることを明かしました

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんが、24日に自身のブログを更新。

以前から悩まされてきた「逆さまつげ」の手術を受ける意思を明らかにしました。

エアバンド、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が、逆さまつげ修復の手術に踏み切ることを明らかにした。

最近もういい加減逆さまつげの手術をしようと考えております、メイクのとき目に粉が入るし滲むの早いし。

鬼龍院翔オフィシャルブログより

目周辺の手術ということで、踏み切れないで来たが、「逃げてたがそろそろやらなくては、目の形変わらない程度に、でもこわい。でもそろそろやる!」と、迷った末の決意をつづった。

鬼龍院さんって逆さまつげだったのね〜〜逆さまつげってなんだかよくわかんなくて調べた笑

鬼龍院さん逆さまつげだったのか・・・私も!下まつげ逆さまつげなので、手術したいけど怖い・・・

◆今回、鬼龍院さんが手術を決意した「逆さまつげ」とは?

今回、鬼龍院さんが手術に踏み切る決意をした「逆さまつげ」

聞きなれない言葉ですが一体何なのでしょうか?

まつげは空気中に漂っているゴミやホコリ、小さな異物などから目を守るために、上まつげは上に向かって、下まつげは下に向かって生えています。

まつげが逆の方向に向かって生えた状態。とにかく痛いらしい。
まつげが眼球に触れてしまうため炎症を起こすなど、眼病の原因にもなるそうです。

「逆さまつげ」とは、まつげが内側に入って黒目(角膜)にふれている状態

そのままにしておくと、角膜など眼球を傷付けてしまい、炎症を起こすなど、眼病の原因ともなりかねません。

逆さまつげは上まぶただけでなく下まぶたにも生えてきます。誰にでも生える可能性がありますから、決して他人ごとではありません。

非常に痛いですし、何度も繰り返すため憂鬱な気持ちになるものです

大人の場合はすぐに分かりますが、子供に逆さまつげが生えている場合もあります。

◆乃木坂46の若月佑美さんも過去に逆さまつげの手術を受けたことを告白しています

乃木坂46の若月佑美ちゃんも過去に同様の手術を行ったことを告白していました。

なんでも医師から失明する可能性を指摘されたんだとか。

乃木坂46の若月佑美が、一部で話題になっていた整形疑惑について、目の手術をしたことをオフィシャルブログで認めた。

「私の場合酷い逆さまつげだった為に放置しておくと失明する可能性もあると医師に言われたからです」と、手術の必然性について説明している。

◆そもそも逆さまつ毛ってどんな人に多いのでしょうか?

逆さまつげには「眼瞼内反(がんけいないはん)」と「睫毛乱生(しょうもうらんせい)」がある。

そのうち眼瞼内反は顔の筋肉が発達途中の赤ちゃんに多いそうです。

眼瞼内反症はまぶたが内側を向いている状態

赤ちゃんは顔の筋肉が発達途中なので、顔には筋肉より脂肪が多くなっており、睫毛内反になりやすいのです。

成長に伴って顔の筋肉が発達してくると脂肪も減っていくので、逆さまつげは2~3歳頃までには自然に治るのが一般的なので、あまり心配しないでください。

1 2





どうでもいいことからちょっぴりためになるような事をまとめていきたいと思います。
よろしくお願いします。