1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大反響の「鳥取にスタバオープン」の話題。その余波も凄かった!

47都道府県中、これまで唯一「スターバックスコーヒー」が無かった鳥取にスタバがオープンして3日。今なお大きな話題になっていますが、その余波も凄いみたいです。

更新日: 2015年05月25日

15 お気に入り 68664 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

manuronaldさん

鳥取のみならず、全国的にも大きな注目を集めた「鳥取にスタバオープン」のニュース

5月23日、47都道府県で唯一スターバックス・コーヒーがなかった鳥取県に、第1号店となる「シャミネ鳥取店」がオープン。

開店前には1000人を超える行列!

前日から客が並び始め、開店前には約1000人の行列ができる大盛況。

22日の日中から並び、一番乗りの大学生は「スタバで注文をするのは初めてで緊張した。おしゃれな場所なので、コーヒーを片手にノートパソコンを使って大学の課題をやりたい」と語る。

国内のスターバックスの店舗がオープンする際の行列として、これまでで最も多かった300人を大きく上回った。

その様子はTwitterにも多く挙げられた

鳥取のスタバ、今日開店!・・・なんだけど、開店時、ものすごい行列でちょいビックリ。 pic.twitter.com/D6FrMyeBsE

今日オープンの鳥取県初のスタバに来てみたけど、サマソニの入場列か!ってくらいの行列やった(笑) instagram.com/p/3A4Zt7hNjd/

ちなみにオープンから3日経った現在の様子は…

唯一スタバがなかった鳥取にスタバがオープンして三日目! 今スタバに来てるけど今日も行列(*_*)30分待ちと警備員に言われたけど5分くらい並んで買えたww pic.twitter.com/JGkeAtz5Yg

さすがに初日みたいには並んでないようですね(^-^;

■そんな大反響となった「鳥取へのスタバ進出」の余波が思いのほか凄かった

・スタバ進出が、鳥取の”町おこし”の起爆剤に!

鳥取のコーヒーの1世帯あたり購入量は、京都市に次ぎ、全国2位。

コーヒー文化が根付くだけに、スタバ進出を機に「コーヒー町おこし」も始まっている。

今月15日には、市内の喫茶店約40団体が「鳥取珈琲文化振興会」を設立、スタバ効果によるコーヒー文化拡大を目指している。

スタバの集客効果を地元に呼び込み、大手チェーン店にはない地元らしさを売りに“共存共栄”を狙うという。

地元のコーヒー店もしっかり便乗

平井伸治知事の「スタバはないけど日本一のスナバ(鳥取砂丘)はある」発言を機に昨年4月、地元企業が開いた、「すなば珈琲」。

スタバのオープンに伴い、「大ピンチキャンペーン」を開始。

5日間限定で「スタバのレシート持参でコーヒー半額」「まずかったら無料」などを掲げている。

・限定商品がヤフオクでプレミア化

「スターバックスコーヒー」シャミネ鳥取店(鳥取市)で販売された限定商品が、早くもヤフオク上でプレミア化されている。

23日に販売された限定商品「鳥取タンブラー」(税別1330円)と「鳥取マグ」(同1140円)。

「TOTTORI」の文字とともに松葉ガニ、二十世紀梨、ラクダ、県鳥のオシドリなど鳥取を象徴する7つのキャラクターがデザインされている。

1 2