1. まとめトップ

ますます注目されてる「松田翔太」過去のオススメ出演作品

1985年9月10日東京 生まれ。父は松田優作、母は松田美由紀、兄は松田龍平、妹はYuki(ユウキ)と、言わずと知れた芸能一家に生まれたサラブレッドの彼ですが、最近ではそのイケメンっぷりが何かと話題に。

更新日: 2015年05月26日

3 お気に入り 1684 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

デビュー作は2005年ドラマ「ヤンキー母校に帰る~旅立ちの時 不良少年の夢」

2005年、TBSスペシャルドラマ『ヤンキー母校に帰る〜旅立ちの時 不良少年の夢』で俳優デビュー。主演は嵐の櫻井翔。
櫻井の兄貴分、21歳の高橋紀之役。

出典laughy.jp

当時19歳。若いですね~。

少女漫画原作のドラマ『花より男子』の西門総二郎役で人気を得る

原作は6000万部突破とされている大ヒット少女マンガ「花より男子」。
F4(Flower 4―“花の四人組”)といわれる学園を牛耳る御曹司集団の一人、西門総二郎役で女ったらしの遊び人を演じそのルックスからも人気に。

牧野つくし - 井上真央

F4
道明寺司 - 松本潤(嵐)
花沢類 - 小栗旬
西門総二郎 - 松田翔太
美作あきら - 阿部力

LIAR GAME (ライアーゲーム)で冷淡な天才詐欺師役に。

刑務所を出てきた所でいきなり神崎直(戸田恵梨香)に助けを求められ、直の片腕としてLIAR GAMEに参加する事となる。原作と違い、直以外の人間には冷淡で、他プレイヤーを積極的に救おうという言動は見られず、むしろ嫌味な態度を見せる。

シーズン1、シーズン2、劇場版第1作『ザ・ファイナルステージ』、劇場版第2作「LIAR GAME -再生-」とシリーズ化された。

死亡予告証を配達する公務員を演じた「イキガミ」

1000人に1人の確率で若者を選び命を奪う「国家繁栄維持法」が存在する世界では、国民の生命価値を高めることで社会の生産性を向上できると信じられている。政府より発行される死亡予告証は通称「逝紙(イキガミ)」と呼ばれ、それを受け取った者は24時間以内に死ぬ。厚生保険省の国家公務員である藤本(松田)はイキガミの配達職務を名誉ある仕事として遂行しようとするが……。

第32回 日本アカデミー賞(2009年)
新人俳優賞受賞

松田翔太の初の連続ドラマ主演作「名探偵の掟」

原作同様に、神出鬼没、頭脳明晰、容姿端麗の名探偵を自称する主人公。
コメディ要素の強い作品が、松田翔太のそれまでのイメージを変えたともいえる。

児童相談所職員の中身がヤ○ザの親分に!?「ドン★キホーテ」

草食系のひ弱な児童相談所職員の青年、城田(松田翔太)。
任侠集団の武闘派親分、鯖島(高橋克実)。
そんな二人がある日謎の天変地異によって、身体はそのままで魂だけが入れ替わってしまう。魂と体が入れ替わった2人は闇の中で苦しむ子供たちを救う正義のスーパーヒーローになって行く。かくして現代のドン・キホーテ&サンチョと化した、2人の行く末はいかに・・・。

1