1. まとめトップ

タコス、ブリトー、タコライス・・・タコベルで販売する料理情報まとめ

日本人にはあまり馴染みのないメキシコ料理、タコス、ブリトー、タコライス。その違いなどについてまとめました。

更新日: 2015年07月13日

1 お気に入り 4661 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

roche322さん

アメリカ生まれのファストフードチェーン、タコベルが日本再上陸

全世界に6000店舗!アメリカ育ちのメキシカンファーストーフドTACOBELL(タコベル)日本上陸!タコスやブリトーが手 軽に楽しめます!

タコスとは?

メキシコを代表する料理のひとつで、メキシコ人の主食であるトウモロコシのトルティーヤで様々な具を包んで食べる、まさに国民食と言えるものである。"taco"という単語その物が「軽食」を意味する。タコスを専門とする飲食店をスペイン語でタケリーア(Taquería)という。

ブリトーとは?

ブリトーとは、小麦粉で作られたトルティーヤに具材を乗せて巻いたメキシコ料理、テクス・メクス料理およびアメリカ料理。

ファヒータって何?

ファヒータ(スペイン語:Fajita)は、テクス・メクス料理において主に小麦のトルティーヤに乗せて供される、グリルした肉料理の総称である。元来はグリルした牛肉のスカート(ハラミ、横隔膜)のみを示していたが、、今では牛肉の他の部位や鶏肉、豚肉、エビも使われる。レストランでは、肉を通常タマネギとピーマンと共に鉄板で焼く。細切りレタス、サワークリーム、ワカモレ、サルサ、ピコ・デ・ガヨ、おろしたチーズ、およびトマトをつけあわせることが多い。

日本限定メニュー「タコライス」

タコライス (Taco-Rice) は、タコスの具である挽肉・チーズ・レタス・トマトを米飯の上に載せた沖縄料理。辛みをつけたサルサ(スペイン語で「ソース」の意)を乗せて食べる。

タコベル、評価は?

現在「渋谷道元坂店」のみ

1