1. まとめトップ

鬼龍院翔や村本のラジオを終了させる!?…伊集院光の恐るべき馬鹿力!

「ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)が終了、後を継いだウーマンラッシュアワーの村本大輔も…その影には裏番組「伊集院光 深夜の馬鹿力」(TBSラジオ)の存在が…

更新日: 2016年02月25日

24 お気に入り 292016 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

syatohanさん

◎「鬼龍院翔のオールナイトニッポン」4年半の歴史に幕…

エアーバンド・ゴールデンボンバーの鬼龍院翔がパーソナリティを務めるラジオ番組「ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)が6月末をもっておよそ4年半の歴史に幕を下ろすことがわかった。

ゴールデンボンバーでは全楽曲の作詞・作曲を手掛ける。エアーバンドだがバイオリンやピアノなど一通りの楽器は演奏することができ、ライブの演出やライブ中に行われる演劇の脚本も手掛けている。

◎「よく頑張った」自身をねぎらう鬼龍院翔

当初は3カ月限定の予定だったが、鬼龍院が「どうかやらせてください」と頼み込んで4年半まで“延命”することができたと明かした。

◎ラジオ終了の理由「裏番組が強すぎた」

鬼龍院は番組を終了する理由について、「数字(聴取率)が悪い!」「なにより裏(番組)が強い!」と正直に明かした。

ラジオ局側の裏番組に対抗しなければならないとの意向から、降板する運びになったという。

◎鬼龍院翔、ANN2年目で「魔の月曜日」に移動…

◎裏番組はTBSラジオ『伊集院光 深夜の馬鹿力』

大柄な体型の「デブタレント」。雑学に長け、クイズ番組ではその培われた知識と「ひらめきの天才」と称される推理力で上位の成績をおさめることが多い。教養系バラエティ番組では聞き手として起用される。

テレビ出演とは別にライフワークはラジオであると自負しており、TBSラジオ『伊集院光 深夜の馬鹿力』に力を注ぐ。

ラジオでは毒舌と下劣ギャグ、珍言妄言、自虐ギャグなど、テレビとは違う一面をみせる。

おかげさまで、番組スタートから今まで男女の聴取者比はほぼ100:0!

◎2014年12月22日で1000回を突破!

◎10月には『伊集院光 深夜の馬鹿力』20周年!

10月に丸20年を迎える番組は、聴取率も常に同時間帯首位を維持し、深夜ラジオの代名詞的存在となっています。

◎かつて深夜ラジオといえば「オールナイトニッポン」だった…

TBSラジオの深夜枠は長年に渡り裏の「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)の後塵を拝し、1980年代~1990年代にコサキン(小堺一機・関根勤)が孤軍奮闘するも全体では全く歯が立たないという状況であった。

1967年(昭和42年)10月2日の番組開始以来のラジオ放送の長寿番組である。放送開始当初から今日に至るまで全国的な人気を誇り、深夜放送の代名詞的存在となっている。

◎ニッポン放送で人気だった伊集院光

『あごはずしショー』終了後は『山口良一のそれゆけ!土曜日行進曲』のレポーターなどを経て、1988年10月より冠番組『伊集院光のオールナイトニッポン』に登板。

◎しかし、ある事件をきっかけにニッポン放送の現・専務取締役の宮本幸一との確執が芽生える…

「『はじめまして、伊集院光です』って言いかけたところで頭をガシって掴んで、頭のニオイをクンクンって酒臭い息で嗅いで『売れるニオイが全くしねぇ』って言って去って行った」という。

出典ameblo.jp

元ラジオプロデューサー。ニッポン放送専務取締役。
叩き上げの制作畑で、笑福亭鶴光のオールナイトニッポンや中島みゆきのオールナイトニッポンのディレクターを担当。オールナイトニッポンやヤングパラダイスなど深夜放送の黄金期を作り上げたが、出演タレントと反目することがしばしばで、その辣腕には毀誉褒貶が多い。

◎伊集院光、喧嘩別れしたとされる形でニッポン放送離れる

スポンサーとの軋轢や局側と喧嘩別れしたとされる形での4月末という改編期でない時期での終了などもあり、一夜限りの復活として開局50周年記念日スペシャル番組の中で『Oh!デカナイト』を放送する2004年までニッポン放送の番組への出演は一切無かった。

1 2 3