1. まとめトップ

電車の席って譲る?譲らない? 譲ってもトラブル?

電車で席って譲ったりしますか?譲っても「すぐに降ります」って言われて断られると困ってしまうことも。。だから日本人って控えめなところもあるのでしょうか。

更新日: 2015年05月26日

1 お気に入り 6748 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

usausa2000さん

◆海外メディアが日本を分析

高齢者と分かる存在が目の前にいても席を譲らず場合によっては寝たふりをしてやり過ごすことさえある。日本人は一般的に親切だと海外から評価されることもあるのになぜ高齢者に席を譲る程度の行為ができないのだろうか?

2013年2月10日、中国新聞網は、礼儀正しいはずの日本人が電車の中で高齢者に席を譲るケースが少ない理由について、日本で10年以上生活している中国人がこれについて分析

タイやその他の諸外国では大人が率先して高齢者に席を譲る。そしてそれを見た子供もそれに倣って同様に席を譲る。子供は大人になっても席を譲るので、その子供も真似をする、というように連鎖が続いていく。こういった繰り返しが長年続いた結果いわゆるカルチャーになるのだと思う。残念ながら日本ではこのカルチャーが育たなかった

◆面倒臭い!?

女性だろうが男性だろうが「譲るという行為」にとてつもないめんどくささを感じる人が多いというのが正直なところだと

◆高齢者が高齢者に

70歳くらいの杖をついた男性が乗車をしてきたが、車内はあいにく満席であった。その男性は優先席の近くにいたのだが誰も席を譲る気配がなかった。優先席には若者も数人座っていたが、皆スマートフォンに夢中で、杖をついた高齢者の方が目の前にいることに気がつかないようだ。あるいは、気付かないふりをしていたのかもしれない

80歳近い女性が、その男性に席を譲った。今度こそ若者も気がついて女性に席を譲るかと思ったのだが、結局、スマートフォンと「にらめっこ」なままで、女性は下車駅まで立ちっぱなしであった

◆譲られても断る場合もある

電車などでは高齢者に席を譲る。というのがある意味マナーの1つにもなっている気がするのだけど、その善意が思わぬトラブルを呼ぶということにも注意しないといけない

70才男 中学生に席譲られ「俺のどこが年寄りじゃ!」と激怒
「おい、小僧!」っていきなりよ。「おれがいくつに見えたんだ? えっ? おれのどこが年寄りなのか、言ってみろ!」

高齢者の女性は「私はそんな年じゃない」みたいなことを言ってその申し出を受けなかった。若い女性は再び着席したものの、少しバツが悪そうであった

60歳くらいの大学教授がいるが、髪の毛が真っ白なために実際の年齢より老けて見える。普段、彼女はとても明るいのだが、あるとき機嫌が悪そうにしていたので、何かあったの か聞いてみた。すると、彼女は「席を譲られちゃったのよ」と話した。彼女いわく、席を 譲られたことで「あなたは老けた!」と言われた気がしたのだそうだ

子どもを抱いた母親に席を譲ろうとすると、彼女は何度もお礼を言いながら「すぐ降りますから」と座ろうとしなかった

こんな意見も

高齢者には席を譲るというのが、ある意味社会の共通認識みたいになっているかもしれないが、本来はそうじゃないと思うのです。別にこちらからは譲る必要はないと思う。声をかけられたら譲るべきくらいの感覚で良いと思う

◆譲る場合のテクニック

席を譲ろうと思った場合は、次の駅で降りるような素振りで席を立ち、ドアの側へ向かうか、あるいは別の車両へ移動してしまうのである。相手がもしも本当に座りたければ、何もなかったかようにごく自然にその席に座るだろう

1