1. まとめトップ

サイバーエージェント7gogo(755)の評判!AKB48、E-girlsと話せる?経営不信が表面化

サイバーエージェントの755が250万ダウンロードを記録したという事で、CMなどを大々的に打って話題になっています。芸能人系に強いサイバーエージェントの活動が注目を集めています。藤田晋と堀江貴文が作った事で話題になりましたが、経営が行き詰まりようのです。

更新日: 2016年09月27日

0 お気に入り 11307 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆2014年から開始された755

藤田晋社長のサイバーエージェントと堀江貴文氏のSNS株式会社が共同で設立した株式会社7gogoについて、経営がうまくいっておらず大胆な方針転換

◆失敗を認めていないホリエモン

既にクローズの方向に向かう755

出典i1.wp.com

アメーバとしては、20億円かけたけどうまくいかなかったので、統合事業となる事になりました。

あれだけ好調に見せていた755は実は社長が交代に追い込まれるほどの窮地に陥っていたのだ。

サイバーエージェントは、755を『新規ビジネスの主力アプリ』と位置付けて、20億円もの多額の広告料を出費して、その宣伝に取り組みました。テレビCMなどに大規模に打った宣伝自体は成功して、400万ダウンロードを達成しました。問題になるのは、この400万ダウンロードされたユーザーが755をほとんど利用しなかったという事です。CM知名度で面白そうだからダウンロードしてみたけど、実際はつまんなかったからやらない!というユーザーが多かったというのです。

◆一般人に対してアプローチする755

年またぎ辺りからYouTubeでCMが流れ、その後テレビでCMが流れ始めるまでそうかからなかったわけですが、755を先に認知していたので、むしろ出演しているE-girlsの方を知らないという状態。

アイドルに質問して、一行コメントをもらって喜ぶようなサービスなので、「ならTwitterと何が違うのだ?」となってしまいそうですね。僕も有名人からTwitterで返事がもらえると嬉しいので、そういうファン心理をついたサービスなのでしょう。

一般人とのコミュニケーションというのは、どういうスタイルになるか気になります。例えば、Youtubeで言えば、確かに一般人の動画配信が人気になってはいますが、動画を配信する側でかなりの手間をかけて配信を行っています。その原動力となっているのは、一般人に対するYoutubeパートナープログラムであり、金銭の配分なしには、ここまで成長する事は出来なかったでしょう。

NAVERまとめは、2009年に開始してすぐに『インセンティブプログラム』を始めて、コンテンツ作成者を支援して、爆発的にヒットする事になりました。インセンティブを配分するのは、当初から赤字になるので、非常に大きな決断でしたが、今ではNAVERまとめが日本を代表するサービスに成長しています。

◆著名人を使ったプロモーション

出典bmbb.jp

AKB48とE-girlsを使ったプロモーションを仕掛けましたが、大失敗に終わっています。

E-girlsメンバーおよびDreamの「755トーク」が、E-girlsのアリーナツアー「E-girls LIVE TOUR 2015 E.G.SMILE」初日の2016年3月12日を持って、終了しました。E-girlsの主力メンバーであるAmiは、「755を通して応援してくださったみなさん!!本当にありがとうございました!!」とファンに感謝を伝え、「寂しい気持ちもありますが、ここでいただいたパワーを次のステージへ持っていき、さらに輝けるよう、これからも頑張っていきたいと思います!!」とコメントしています。また、2016年6月になると、ピンク・ベイビーズというアイドルグループが『ピンク・ベイビーズが参加しているソーシャル・ネットワーキング・サービスですが、6月末をもってピンク・ベイビーズの参加を終了いたします』と告知して755を去っていきました。

あの大々的なプロモーションを見て思い出されるのは、Google+のAKBプロモーションです。

代表取締役となった森正樹さん

出典i2.wp.com

代表取締役の森正樹さんの下で20億円ほど広告宣伝費につかったが、成果があがらずに森さんは引退。

社長の藤田との会議の中で突然「ところで君、将来的にどうしたいの?」と聞かれ、そこで「経営者になりたいです」と答えたところ、「じゃあ、やってみる?」ということに

宮崎聡さんという方に代表取締役が変更になっています。

代表取締役の森正樹氏は既に交代しており、現在の代表は宮﨑聡氏が務めている。

2014年立ち上がった755

(2014年)9月3日にサイバーエージェントが立ち上げた、著名人のグループトークアプリを開発する新会社「7gogo」。

DeNAの「SHOWROOM」、フォッグの「CHREEZ」などアイドルやタレントなどとこれまでにはなかったコミュニケーションを可能にするサービスがいくつか登場している。

1 2