1. まとめトップ

「笑点」の座布団運び、山田隆夫の経歴が(ホントに)凄い!!

知られざる素顔・・・座布団を運んでいるだけの人ではなかったのです!

更新日: 2015年05月27日

2 お気に入り 16738 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

山田 隆夫(やまだ たかお)
本名 山田 隆夫(異体字標記)
生年月日 1956年8月23日~
出身地 東京都江東区
血液型 A型
5代目鈴々舎馬風門下で高座名は鈴々舎鈴丸(れいれいしゃ すずまる)。

おなじみ、人気の笑点。
座布団運びをせっせと毎週日曜日に行う姿は日本国民に愛されています。

①知らない人は仰天!?実は元TOPアイドル!!

写真真ん中手前が山田さんです。
ちなみに、写真中央奥は『大好き!五つ子』シリーズのお父さん役で有名な俳優の新井康弘さんです。

1969年(昭和44年)、日本テレビ系「笑点」で「ちびっこ大喜利」がスタート。芸達者な子ども達による大喜利が人気を博し、定例企画に。山田隆夫は第一回からのレギュラー。後に、新井康弘、江藤博利、今村良樹の順にレギュラー入り。1973年に4人が顔を揃えることに。
その後“座布団10枚”のご褒美として、山田がレコードデビューの権利を獲得。音楽好きの山田が中心となり、4人でバンド結成。山田がサイドギター、新井がドラム、今村がベース、江藤がリードギターとパートが決まり、猛特訓。グループでのデビューが決定。

なんと、「ずうとるび」 のデビューのきっかけが「笑点」なんです!
何か運命的な縁を感じますね~

1977年、結婚を機にずうとるびを卒業する。建前上は結婚のため卒業となっているが、実際はこの頃、ずうとるびの音楽的方向性の考え方の相違から、他のメンバーとは険悪な状態になっており、山田自身の意思による脱退だった。

山田さんは「ずうとるび」のリーダーでしたが、結婚を機に脱退しました。

②ハリウッド!?ボクシング!? マルチな才能の持ち主

三遊亭小遊三師匠とダブルスをしている写真です。

座布団を運んでいたらこうなったのか?
意外にマッチョ!?
きちんと体を鍛えているそうです。
その理由は・・・?

ずうとるび卒業後プロボクサーのライセンス(プロボクシングC級ライセンス)を取得した。

ボクシングのライセンスも持っています!
この肉体も納得ですね!

1987年にアメリカ映画『太陽の帝国』(スティーヴン・スピルバーグ監督)に出演し、話題となった。このことは後に『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』で取り上げられた。また、これに伴い山田は役作りのために坊主頭になっている。

ハリウッド映画にもでているんです!しかも・・・スティーヴン・スピルバーグ監督の映画!!
すごいぞ山田隆夫!

オーディションをちゃんと受けて出演されたそうです。

③実は、離婚歴も・・・

当時、アイドル同士の結婚でした!
2人の間には子供が2人いました。

現在の奥さん、恵子さんとも2人の子供がいるので、山田さんには子供が4人いることになりますね!

④収入は座布団運びだけではない!?マンションを2つも所有!?

ずうとるび時代から、土地を買って不動産経営を始め、マンション経営で成功している。知る人ぞ知る事柄だったが、『ズバリ言うわよ!』出演時に改めて公表した。
『はねるのトびら』のコーナー内にて、マンションを2棟持ってる事を公表している。いずれも買った土地の近くに鉄道が通ったり、商業施設が出来るなどして、一等地となり、新築のビルを建設し、賃貸マンションを経営し始めた。この、賃貸マンションで月数百万円の収入を得ている。

さすがに、座布団運びだけでは生きていけないのでしょう。
山田さんは土地に関しては先見の明があることは有名な話です。

⑤通信販売で座布団販売??

1