1. まとめトップ

つるつるお肌をケミカルピーリングで手に入れる♡【にきび、毛穴の黒ずみ】

ケミカルピーリングがなぜ、にきびや毛穴の黒ずみに効果的なのかをまとめました♪

更新日: 2015年05月27日

5 お気に入り 25342 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ケミカルピーリングとは?

ケミカルピーリングとは、皮膚に化学薬品を塗り、皮膚を剥がすことによって起こりうる現象や効果を利用して行う治療のことです。

ケミカルピーリングは肌表面にこびりついている古い角質を取り除き、ターンオーバーさせることが出来る方法の一つです。

皮膚にフルーツ酸(グリコール酸等)を用いて、皮膚表面の角質細胞間の接着をゆるやかにし、角質層に蓄積されたごく薄い角質を除去します。

ケミカルピーリングの効果

皮膚表面に溜まった古い角質を酸の力で取り除くという治療で、活動性のニキビのほか、ニキビ跡や毛穴の凹凸、くすみにも効果的です。

白ニキビや黒ニキビの毛穴の詰まりを取り除く、または取れやすくし、赤ニキビに進行する前にニキビを改善する

過角化によって溜まった余分な角質を取り除き、毛穴を詰まりにくくする

ケミカルピーリングは1回で効果がある?

1回の施術でも効果を実感できます

ケミカルピーリングの後は、「化粧ノリがよくなった」「肌が明るくなった」という人が多いようです。
定期的にケミカルピーリングを行えば、より効果を持続させることができます。

どんな人がケミカルピーリングするの?

ニキビ・過剰皮脂

毛穴によごれが詰まり、毛穴が塞がれてしまうことでそこに雑菌が繁殖し、ニキビができてしまいます。また、過剰に皮脂が分泌されることもニキビをできやすくしてしまいます。ケミカルピーリングでは、ニキビの原因となる毛穴のつまりを解消できることから、ニキビの改善やニキビ予防にもなります。

ニキビ痕

表面の古い角質を剥がすだけではなく、それによって基底細胞も活発になるためニキビ跡による凸凹がなくなり、ニキビ跡が薄くなっていきます。

シミ

ケミカルピーリングで使う“酸”がお肌の新陳代謝を活発にするので、シミの原因となるメラニン色素と一緒に表面の細胞を剥がれ落とすため、シミが薄くなっていくという仕組みです。

くすみ

ケミカルピーリングでは、お肌の新陳代謝を高めるので、シミだけではなくくすみにも効果的で、角質層を薄くするので、美白剤の効果が浸透しやすくなり、その結果くすみにも効果を発揮します。

小じわ

即効性はないようですが、肌細胞を活性化させることによってコラーゲンも増えていくので、じっくりとシワの改善が行われていきます。

1