1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

スマートフォンを利用するにあたって既存メディアに対する利用頻度のアンケートでは、新聞、雑誌、テレビが大きな影響を受けており利用者の低下に繋がっている可能性が考えられます。中でも雑誌は約4割が減少傾向であると回答しています。最近ではスマートニュースやグノシーといったニュースアプリが流行していることもあり、わずか数タップでニュース情報収集が可能になりました。

格安な記事代金

厳しい判決が続く

「元組長と交際していた」とする週刊文春の記事で名誉を毀損(きそん)され、参院選の自民党の公認候補を辞退せざるを得なかったとして、元女優の田島みわ氏(51)が発行元の文芸春秋に1650万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。倉地真寿美裁判長は、同社に440万円の支払いと同誌1ページ目への謝罪広告掲載を命じた。

 倉地裁判長は記事の主要部分について、「根拠となった関係者の証言は変遷していて信用できず、真実とは認められない」と指摘。「田島氏の政治活動の妨げとなっている」などとして、謝罪広告を同誌の誌面に加え、ウェブサイトのトップページに1年間掲載するよう命じた。

1)ユーザーがもはや不要と思う個人データ(名前、写真、メールアドレス、クレジットカード番号など)は、事業者に対して削除要請できる。
(2)正当な理由がない限り、事業者は削除要請に応じなくてはいけない。
(3)深刻な違反に対しては、事業者に最大100万ユーロ(約1億円)か、売り上げの2%の罰金を科す。

程度知名度のある作家の中には、大学や専門学校やカルチャースクールで教えたり、講演会やトークショーを頻繁に開いたりして、原稿料や印税以外の副収入に頼っている

柳 書くしかありません。お金を稼ぐ手段は書くことしかない。この4年間、『警戒区域』というノンフィクション作品を抱えていて、これは雑誌掲載ではなく、単行本書き下ろしなので、原稿料がもらえないんです。

1