1. まとめトップ

2015年6月1日から自転車運転者講習制度が始まる

2015年6月1日から自転車運転者講習制度が始まります。自転車による交通事故の抑制が目的です。案外、バイク、車と違って捕まらないからと油断してると後悔することに・・・

更新日: 2015年05月28日

1 お気に入り 2468 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

usausa2000さん

自転車運転者講習制度

警視庁は6月1日(2015年)より、自転車による交通事故の抑制を目的とした「自転車運転者講習制度」を施行

事故を起こした際、携帯電話を使用していたケースも摘発の対象となり得る。事故を誘発する運転を危険行為として明文化し、運転者が「加害者」になる深刻な事故を抑止するのが狙い

14の義務

自転車を運転しているときに法律で定められた14の義務(下表参照)に反すると違反切符が切られます。信号無視はもちろん、酒酔い運転や携帯電話を操作しながらの運転など当然禁止されるべき危険な行為ばかりですが、これを3年間で2回繰り返すと、違反内容に応じた講習を受けなくてはなりません

信号無視などの危険行為を3年以内に2回以上、摘発された悪質自転車運転手に公安委員会の命令による自転車運転者講習の受講を義務付けるというもの。なお、この受講命令に従わなかった場合、5万円以下の罰金が科せられる

受講料は各地の公安委員会が独自に定めることができるが、標準額は5700円だ。都内の場合、講習は運転免許試験場(鮫洲・府中)、交通安全教育センター(喜多見)で実施。受講の日時と場所は「受講命令書」で通知

右側通行は危険

歩道と車道が区別されている場合、自転車は『車道』を走ることが原則です。だからと言って、車道ならどこを走っても良いわけではありません。自転車で車道を走る場合、自転車は『左車線』、つまり車と同じ方向に向かっていなければならない

車と同様に、左側通行をしなければ、危険です。駐車場を出入りする車は、車が来る方向には注意を払いますが、逆走してくる自転車には注意が向きにくいから

右側走行は、明白に危険だと、データで示されているからです。実は、左側走行のルールを守っていれば、事故に遭う確率が大幅に減る

自転車事故が最も多いのは

自転車事故が最も多いのは、交差点。中でも、裏道と脇道の交差点が、全体の50%近くを占めます。つまり、交通量の多い幹線道路よりも、信号機もないような裏道の交差点で、油断して、出会い頭に衝突するケースが多い

交通事故で死傷した自転車運転者のうち、法令違反をしていた割合は実に64%に上っています(警察庁交通局「平成25年中の交通事故の発生状況」)。特に15歳以下の子どもでは違反のある者が約72%と、他の年齢を大幅に上回る結果となっているのが現状

歩いていると、後ろから自転車のベルの音。まるで威嚇するかのように、歩行者が道を譲るまでベルを鳴らし続ける人がいます。中には、ベルさえ鳴らせば歩行者がどくのが当然と考えているかのように、一切スピードを緩めずに抜き去っていく人もいるほど

自転車は、以前よりも交通マナーが劣悪な状態にあり、親が子供に交通道徳を何ら伝えられないような環境に傾いていると言えますので、自転車での死亡事故まで発生しています。

東京都の場合

傘をさしながらの運転が禁止されている。また、傘をさしながら以外にも、物を担ぎながら、物を持ちながらなど、安定を失うなどの恐れがある方法での運転を行うことが禁止

携帯電話を手に持って通話しながらの運転や、携帯電話の画面を見ながら(注視しながら)の運転が、禁止されている

1