1. まとめトップ

スウェーデン式の予防歯科で健康な歯を作る方法

スウェーデン人の歯は健康と有名。年を取っても自分の歯で食べたいなら、スウェーデン式の予防歯科がおすすめ!

更新日: 2015年05月30日

natsuumiiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 2235 view
お気に入り追加

効果は絶大で、現在のスウェーデンは、世界で最も歯科疾患が少ない国と言われています。

なんと、虫歯は日本の半分以下。歯周病にいたっては、日本の1/4以下しかありません。

70歳で残ってる歯の数はこんなに違う

日本では16.5本ですが、「予防歯科」を実践してきたスウェーデンでは21本

日本では80歳で残っている自分の歯は約8本、スウェーデンでは15~20本です。

国をあげて予防歯科に取り組み

スウェーデン政府は、1970年代に「予防歯科」を国家的な一大プロジェクトとしてスタートさせました

予防歯科ってなに?

予防歯科とは、ムシ歯などになってからの治療ではなく、なる前の予防を大切にすることです。

虫歯・歯周病を予防するには「ご自宅のセルフケア」と「歯科医院でのクリーニング」の2つが柱となります。この両輪のどちらか一方が欠けてもNGです。

歯科医院でのクリーニング!PMTC

PMTCとは、プロが専門の機械を使い、高度なスキルであなたの歯についた汚れを完全にきれいにする治療法。

現在スウェーデンでは、このPMTCを子供でほぼ100%、大人でも80%の人が定期的に受けています。

自宅でおすすめのセルフケア!歯磨きのポイント

ウェーデンでは、歯ブラシは1本にこだわらず、ワンタフトブラシを補助でなくメインとして提案しています。

ワンタフトブラシとは、通常の歯ブラシではみがけないような場所をみがくための歯ブラシで、先端が小さく、山切りにカットしてあり

欧米では半数以上がデンタルフロスを使用している一方で、日本での使用者は2割程

デンタルフロスなどの歯間清掃用具は、自分の歯や口の状態などに合わせて用 具を選択し、効果的な使い方をすることが必要で、歯科医院ではその方に合った、アドバ イスを受けることができます。

1