1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

先月28日に相方、今いくよさん(享年67)を亡くした今くるよ(年齢非公表)が13日、大阪市内で行われたラジオ番組収録で仕事復帰した。いくよさんの遺影を持参し、女芸人の後輩、シルク(年齢非公表)、なるみ(42)と約2時間、涙は封印して“ガールズ”トークを展開。「4人でやった感じ」と笑顔のくるよは、「女優転身」という笑撃の野望も口にした。
日本中を笑わせた漫才コンビ、今いくよ・くるよの合い言葉は「明るく楽しく元気でいこう」。最愛の相方を亡くしてから最初の仕事でも、コンビのモットーは貫いた。

5月28日に相方の今いくよさんを亡くした、女性漫才師の今くるよ(年齢非公表)が13日、これまでいくよさんとのコンビで出演していたKBS京都ラジオのレギュラー番組「よしもとハッピーアワー~いくよくるよのどやさマンデー~」(月曜、後9・00)の収録で1カ月ぶりに仕事復帰。「今いくよ・くるよ」のコンビ名を継続することを表明した。
約2時間弱の収録後に会見した、くるよは「いくよちゃんもどこかで参加してくれている。ホンマにいつもの感じで収録させてもらいました」と無事に仕事を終えたことを天国の相方に感謝した。

5月28日に亡くなった女性漫才師・今いくよさんの相方、今くるよさん(67)が13日、大阪市内でラジオ番組の収録に臨み、約1か月ぶりに仕事に復帰した。
くるよさんは相方の遺影に「頼むえ、助けてや」と語りかけて家を出て、スタジオにも持参したという。「いい人やった。ものすごくさみしい」と思い起こしながら、「舞台が好き」と芸能活動を続けることを誓った。

5月28日に胃がんのため亡くなった漫才師今いくよさんの相方、今くるよが13日、大阪市内で、KBS京都ラジオ「いくよくるよのどやさマンデー」(月曜午後9時=15日放送分以降4週分)の収録を行い、約1カ月ぶりに仕事復帰した。
この日のラジオ収録には、同じく相方を亡くしたシルク、相方の結婚でコンビ別れしたなるみをゲストに招き、自宅に置いてあるいくよさんの写真を持参。くるよはいくよさんに「今日は泣けへん」と誓っていた。

5月28日に相方の今いくよさんを亡くした、女性漫才師の今くるよが、6月13日にこれまでコンビで出演していたKBSラジオ「よしもとハッピーアワー~いくよくるよのどやさマンデー~」(月曜、午後9・00)の収録で仕事復帰する方向で調整していることが8日、分かった。
同局によると、くるよが旧知のアナウンサーらと共演する形で収録する予定だという。

いくよさんの他界後、同番組は6月1日に、4月にコンビ出演で完了していた収録分を放送。生前のいくよさんが「今日、何と6月1日。頑張っていきましょう」と明るくあいさつし、軽快なトークを展開する様子が放送された。8日夜も同様に、いくよさんの出演分が放送されることになっている。

1973年のデビュー以来、女性漫才師の先駆けとして活躍してきた『今いくよ・くるよ』。2人は同じ高校のソフトボール部に所属する同級生。高校卒業後はそれぞれOL生活を送っていたが、1970年に揃って会社を辞め、今喜多代(享年85)に弟子入り。コンビを結成した。
「しばらくは考えられへん。歌手や女優になることを決めたら、皆さんにお知らせしますわ」
と、気丈にも報道陣を笑わせたが、いったん公の場を離れると、憔悴しきった様子が隠せずにいる。
「“いくよちゃんあっての私やから、もう仕事なんかできへん”って泣いてばかりで、食事も満足にとっていないんです…」

ベテラン漫才コンビ、オール阪神・巨人が3日、大阪市内でNHK大阪放送開始90年記念番組「笑って語って90年~ENGEI NO REKISHI~」の収録に参加。ザ・ぼんちら、ほかの出演者とともに、胃がんのため5月28日に亡くなった今いくよ・くるよの今いくよさん(享年67)をしのんだ。
収録の最後に出演者全員が舞台に並び、生前の漫才の映像を見ながらいくよさんを追悼。オール巨人(63)は「女性コンビならではの絆を見ました」と、09年にくるよが舞台上で倒れたとき、いくよさんが口移しで水を飲ませようとしたエピソードを披露した。

収録終了後の会見で巨人は「15年ぐらい前の話に本当にあったんです」と、いくよさんと坂田利夫の“幻の結婚話”にも言及。オール阪神(58)は「『独身同士でどうや』って、皆でくっつけようとしたんです」と説明し、「そのころに踏ん切りがついていたら結婚していたと思います」と話した。
巨人は「いくよ姉さんはドンと構えてはったけど、坂田師匠が照れてはった」と証言。当時はくるよが坂田と目を合わせなかったともいい、「くるよ姉さんが焼きもちを焼いていた。結婚したら私が1人になるかもという危機感があったんでしょうね」と話した。

5月28日に胃がんのため67歳で亡くなった漫才コンビ、今いくよ・くるよのいくよさんが生前に収録していたKBS京都のラジオ番組「~京都発よしもとハッピーアワー~いくよくるよのどやさマンデー」(毎週月曜、午後9時)が1日、放送された。
番組内では「きょうなんと6月1日。頑張っていきましょう」と明るくあいさつするなど、病気を感じさせないものだった。

今くるよ仕事復帰へ いくよさん初七日以降ラジオで
胃がんのため亡くなった漫才師、今いくよさん(享年67)の最後の録音となったKBS京都ラジオ「いくよくるよのどやさマンデー」が1日、放送され、相方の今くるよは、未収録の15日放送分で仕事復帰することがほぼ確定した。

今いくよ・くるよの今いくよさん(享年67)の葬儀・告別式が30日、京都市内で行われ、密葬の形式だったが、間寛平、宮川大助・花子、シルク、西川ヘレン、忠志らが参列した。
くるよは、コップに移したビールを、眠るいくよさんの唇をぬらすように注ぎ、棺には以前、愛飲していたタバコも入れたという。
くるよは「ずっと我慢してたから」と涙した。献花の締めとして、棺上に花束を置いた際には「いくよちゃん、ありがとう。大好きな花やで。まっすぐ、まっすぐ(天国に)いって」と話すと、号泣したという。
戒名は「萬華院喜香正蓮大姉(まんげいんきこうしょうれんだいし)」。

今くるよ いくよさん通夜で感謝の涙
いくよさんを病室でみとった相方のくるよは京都市内で営まれた通夜に参列した後に、取材に応じた。
くるよは、病室ではいくよさんの足をさすったりしながら「がんばりや」と激励し続けた。「気ぃ遣いやから“ありがとう”っていう顔もするんです。でもモニターではあらあらっていう数字になって、ゼロになったんです。でも素晴らしいのは最後まで笑顔でした。“がんばるよ”っていうサインを送ってくれて、わたしも“がんばりや”って言いました」と説明した。

レジェンド級の女性漫才師が、故郷の京都から天国へと旅立った。
午前10時に始まった葬儀・告別式には、故人を慕っていた大勢の友人や関係者ら約120人が駆けつけた。同世代の寛平や、漫才コンビの宮川大助・花子、シルクらタレント仲間もいくよさんとの別れを惜しんだ。
所属の吉本興業によると、棺にはいくよさんが愛飲していたたばこ「KENT」や舞台衣装、私服、マスク、ポーチに、厚化粧には欠かせないメーク道具、好きだったというミニサイズのカップうどん「どん兵衛」などが入れられた。
また、胃がんの治療中、たばこや酒を断っていたいくよさんを思いやり、「我慢していたから」と、くるよがビールをコップに注ぎ、唇を潤してあげたという。

松本人志「逝くほうと残るほうどっちが辛いかな」
ダウンタウンの松本人志(51)が「逝くほうと残るほうどっちが辛いかなー」と同じコンビとして思いやった。
松本は29日に自身のツイッターを更新。「コンビとして想う。。。」と切り出し、「逝くほうと残るほうどっちが辛いかなー」と先輩であるいくよさんの訃報を受け、同じコンビとして逝ってしまったいくよさん、残された今くるよ(67)に思いを巡らせた。そして、「御冥福をお祈りします。。。」と先輩に対し、哀悼の意を示した。

島田洋七「面倒見良く本当にいい人」いくよさん悼む
タレント島田洋七(65)が29日、今いくよさんの訃報を受け、所属事務所を通じて追悼コメントを発表した。
ともに夫婦漫才コンビ島田洋之介さん、今喜多代さんの弟子で、洋七はいくよさんの弟弟子にあたり、「弟子入りしたころから、何でも相談にのってもらいました。師匠に怒られた時も何度もかばってくれた」と振り返った。
その上で「大変に面倒見が良く、たくさんの若手芸人を食事に連れて行ったりしていました。病気になってからも、なるべく人に心配をかけないように心掛けていたようです。とにかく本当にいい人です。ご冥福をお祈りします」と話した。

抗がん剤治療を受けながら舞台に立ち続けた女性漫才コンビ「今いくよ・くるよ」の今いくよさんが28日、胃がんのため世を去った。
67歳だった。29日夜には京都市内で通夜が営まれ、コンビの相方である今くるよさんが姿を現し、悲しみと思い出を語った。

ベテラン漫才コンビ「今いくよ・くるよ」の今いくよさんが28日夕、大阪府内の病院で亡くなっていたことが29日、分かった。67歳。
◆今いくよ(いま・いくよ)本名・里谷正子=さとや・まさこ。京都市出身。明徳商(現京都明徳)時代はソフトボール部に所属し、いくよは外野、投手で、相方のくるよはマネジャー。70年、今喜多代に師事。やせ形のいくよ、ふくよかなくるよは互いを責め合うが、他人の悪口は言わず、老若男女から親しまれる。テレビ、舞台で活躍。84年には上方漫才大賞を受賞。

里見まさと「手足もぎ取られる気分」 “戦友”いくよさん訃報に
いくよ・くるよとともに80年代の漫才ブームを支えたザ・ぼんちが29日、大阪・なんばグランド花月での出番前に報道陣に対応。GW中のいくよさんの舞台を生で見ていた2人は、先輩の突然の訃報を悼んだ。
これからわれわれの年代の人は本当に楽しい舞台をできる、そういうところに来ているのに、そこを考えると仲間としては手足もぎとられる気分。そこが悔しいし、寂しいです。女性コンビでしたけど、こんな男前のコンビはない。関西でこんなあか抜けしたコンビはない。本当にすてきなお二人でした。くるよ姉さんには元気でいてもらわないといけませんから、皆で応援して、微力ながら一緒に頑張っていきたい」

1 2