1. まとめトップ

ペディアライトなる乳幼児飲料がアメリカで話題に

アメリカで話題沸騰のペディアライトとは一体?

更新日: 2015年05月29日

0 お気に入り 5455 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

yoshimasannさん

ペディアライト

乳幼児が下痢や嘔吐をしたり、発熱したときに飲ませる電解質補給飲料で、全米各地の薬局やスーパーマーケットに置かれている。乳幼児が発熱、嘔吐や下痢をすると、家庭でこれを少しずつ匙で飲ませるように小児科医から指示されることが多い。

体調の悪い幼児が飲みやすいようにグレープ、チェリーなどの味つきと、乳児用の味なしタイプがある。

メジャーリーガーのなかにも発汗時の水分と電解質補給に、これを好んで飲んでいる選手がいる。男たちの職場であるクラブハウスに乳幼児用飲料が常備されているのだ。

買えるの?

日本では購入できるの?

気になるのは購入方法ですね。

アメリカで話題となっている飲料で、スポーツ選手たちがこぞって愛飲しているのならば試してみたいと考えている人も多いでしょう。味にも興味ありますし、どのような物なのか知りたいのは当然です。

販売しているところはあるのでしょうか。

購入といったらいくつか選択肢が浮かびますね。しかし海外の飲み物だけに頭に真っ先に浮かびあがるのは「通販」という手段でしょう。

結論から言います。

2015年5月現在では日本国内での販売はないですね。

購入する方法としては海外のサイトを使うしかないですね。日本アマゾンではおいていないのですが、アメリカのアマゾンでは販売していることを確認しました。また、公式サイトでも販売しています。

欲しい方は輸入と言う形になってしまいます。

興味のある方は調べて購入してみてはいかがでしょうか。

http://ねねねnews.com/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%A7%E8%A9%B1%E9%A1%8C%E3%81%AE%E4%B9%B3%E5%B9%BC%E5%85%90%E7%94%A8%E9%A3%B2%E6%96%99%E3%83%9A%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88

発熱時などの子供の脱水にも注意

キャロル・エドソンによる

水は生命を保つために欠かせません。水は、体液や化学反応のすべての媒介物であり、体温を調節する「冷却液」であり、天然の潤滑剤なのです。私たちの体が順調に機能するためには、化学物質と液体でできた「内なる海」を維持しなくてはなりません。

脱水の原因はさまざまで、深刻な事態を引き起こします。脱水とは体の水分が不足することです。子供は大人よりも容易に脱水に陥ります。子供の体は水分の割合が大きく、全体重のおよそ75%にもなるからです!

健康な状態では水分の摂取量と喪失量のバランスが取れています。水分は口に入る食べ物や飲み物によって摂取されます。また、代謝の過程でも水分が生成されます。水分は便、尿、汗、唾液、呼吸によって失われます。

ご想像の通り、この均衡の片方が変化したらバランスを取るためにもう一方も変える必要があります。水分の喪失量が増加したら、摂取量を増やす必要があります。摂取量が減少したら、体は尿を濃くして腎臓から失われる水分を減らそうとします。クレフトの子供にとって、この作用のどちらも脱水の原因になる可能性があります。脱水の症状を察知して速やかに対処することが大切です。重篤な脱水は命にかかわります。(エドによる注釈:摂食が困難な子供や赤ちゃん、慢性的逆流がある子供や赤ちゃん、手術を受けた直後で食事が取りにくい子供や赤ちゃんは脱水の危険が高くなるので、ワイドスマイルでこの問題を取り扱うことにしました。すべての両親が脱水の兆候と症状についての知識を持つことが大切だと思います。ジョアン・グリーン)

脱水の症状は、粘度の高い分泌物、口渇、皮膚の弾力性低下、落ち窪んだ目、赤ちゃんでは大泉門のくぼみ、体重減少、濃縮された色の濃い尿や無尿です。発熱、頻脈、喉も渇きもよくみられます。子供の場合、いらいらしたり、無気力になったり、眠ってばかりいることもあります。

水分の喪失量が増加したり水分の摂取量が減少したりすると脱水になります。

1