1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

「近ごろ健診で行われなくなったのが肺のレントゲン検査です。肺がんの早期発見を目的として行われるようになったレントゲン検査ですが、X線を照射することによって、返って肺ガン患者を増やしてしまうからです。また、乳がんの早期発見のために乳房をX線撮影するマンモグラフィーも、早期発見にはつながらず意味がないことがわかってきており、スイスのように廃止を勧告するところもある

製薬メーカーとグルになり、自分たちの飯のタネを作っている。人間の血管は老化すると自然に硬くなる。血圧が高くなるのは当たり前のことなのです。それを、若い人と同じ130以下というのは考えられません

血管が詰まりかけた時、人間の体は血流をよくし血の塊を吹き飛ばそうとする。血圧を上げて脳を守ろうとしているわけです。つまり、高血圧だから脳梗塞になったわけではなく、脳梗塞になったので治そうとしている。原因と結果を取り違えている

1