1. まとめトップ

猫好きなら誰もが知っているイラスト【佐久間真人の世界・5つの断章】

猫好きなら誰もが一度は手にしたことがある「猫の建築家」。そして続編の「失われた猫」。書写は人気推理作家の森博嗣氏ですが、この佐久間氏の猫のイラストが先にあり、そのなかからチョイスして作品がつくられたそうである。佐久間真人の世界のまとめ。

更新日: 2016年02月28日

24 お気に入り 11854 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

bawagさん

佐久間真人

佐久間/真人
1973年、愛知県生まれ。1993年ごろから、本格的に創作活動をはじめる。1998年からは、銀座の画廊「ボザール・ミュー」で個展を定期的に開催している。装画を担当した書籍・雑誌のほか、小説誌でも多くの挿絵を手掛けている

ねこの引出し 画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード ★「楽園夜景」

01. まずはご存知「猫の建築家」から

猫の建築家 単行本 – 2002/10
森 博嗣 (著), 佐久間 真人 (イラスト), 越智 めぐみ (翻訳)

「猫の建築家」著者は人気ミステリ作家の森 博嗣氏。この作品はほぼ絵本のように全編に佐久間氏のイラストが展開されています。猫好きなら一度は手にとっていると思いますが、森ファンには物足りないかもしれないが、ただの猫好きには眺めているだけで幸せになる本の一つ。

arkibito
「美」を追求し「形」を模索する猫のはなし。確かに猫は哲学的かつ神秘的な生き物だ。どこか懐かしさを帯びながら実に新鮮な絵が誠に素晴らしい。物語はこの絵を補完する添え物として楽しむのがよろしいかと。

猫は建築家だった。何度か生まれ変わったけれど、そのたびに建築家になる―。何を造ろうか、どう造ろうか。思いをめぐらしながら、猫は街へ出る。そして、造られるものの「形」や「機能」に思いふけるうちに、ふと気づく。鍵を握るのは、「美」だと―。人気ミステリィ作家・森博嗣と新進画家・佐久間真人が共同で紡ぎ上げた静謐な物語。

これは「建築家」であり続ける 一匹の猫の話。
(「建築家仲間」の猫もおり 書かれてはいないが 「そうでない仕事」を持った猫もいるようだ)
読んですぐ内容が「解る」という本ではない。
「解る」より「感じ取る」だけでもいいのかもしれない。

02. 続編 「失われた猫」

失われた猫 単行本 – 2011/12/15
森博嗣 (著), 佐久間 真人 (イラスト)

白い猫は建築家。斑の猫は革命家。伝説の猫は、ずっと昔にいなくなった―『猫の建築家』から9年。新たな贈り物が届きました。みずみずしく深遠な物語詩と、情緻に描かれた猫だけがいる街。

ねこの引出し 画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード ★「駅前」

森博嗣さんの講談社ノベルスのシリーズが発表されなくなって寂しく思っている中、届いたのが猫好きにはたまらない、森博嗣さんと佐久間真人さんのコラボ第2弾。9年ぶりの『猫の建築家』の姉妹編。
『猫の建築家』同様、まず佐久間真人さんの絵があって(『猫の建築家』のあと約8年の間に描かれた絵だそう)、これを森博嗣さんが自由にピックアップし並べて物語詩を作られた一風変わった絵本になっています。英語訳もついていて勉強にもなります。

【 ポストカードから 佐久間真人のイラスト集 】

画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード
★「ステイション」

画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード
★「足音」

画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード
★「静寂」

画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード
★「窓辺」

画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード
★「地下鉄」

ねこの引出し 画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード ★「それぞれの場所」

ねこの引出し 画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード ★「模様」

ねこの引出し 画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード ★「丘」

ねこの引出し 画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード ★「回転」

ねこの引出し 画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード ★「商店街夜景」

ねこの引出し 画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード ★「塔」

ねこの引出し 画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード ★「対峙」

ねこの引出し 画家・イラストレーター佐久間真人さんのポストカード ★「乗換夜景」

1 2 3