1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【最大級の地震】震源は小笠原なのに全国的に揺れたのはどうして?

異常震域の地震とみられています。そこで、異常震域についてまとめました。

更新日: 2015年05月30日

40 お気に入り 78784 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

iroha810さん

小笠原を震源とする地震が発生

30日午後8時24分頃、小笠原諸島西方沖を震源とする地震があり、小笠原で震度5強を観測した。

気象庁によると、震源の深さは約590キロ、マグニチュードは8・5と推定される。

全国的に揺れを観測

震源地が小笠原諸島なのに鹿児島市まで震度1だもんな…NHKがドタバタしとる

異常震域現象か

震源が非常に深い場合、震源の真上ではほとんど揺れないのに、震源から遠くはなれた太平洋側の場所で揺れを感じることがあります。この現象は、「異常震域」という名称で知られています。

地震は通常、震源から近ければ近いほど揺れが強く、遠くなれば弱くなるもの。異常震域現象とは、これとは反対に震源地よりも遠く離れた場所で異常に震度が高くなってしまう現象です

原因は、地球内部の岩盤の性質の違いによるもの

大陸プレートの地下深くまで太平洋プレートなどの海洋プレートが潜り込んで(沈み込んで)います。

通常、地震波は震源から遠くになるほど減衰するものですが、この海洋プレートは地震波をあまり減衰せずに伝えやすい性質を持っています。

このため、沈み込んだ海洋プレートのかなり深い場所で地震が発生すると(深発地震)、真上には地震波があまり伝わらないにもかかわらず、海洋プレートでは地震波はあまり減衰せずに伝わり太平洋側に揺れを伝えます。その結果、震源直上の地表での揺れ(震度)が小さくとも、太平洋側で震度が大きくなります。

今回の地震は最大級

今回の地震はフィリピン海プレートの下に潜り込んでいる太平洋プレートの内部で起きた地震と見られ、深い場所からプレートの内部を伝って揺れが広がるため、関東や東北、北海道など太平洋側の広い範囲で強い揺れを観測した。

日本のプレートの内部で起きる地震としては最大級の地震ではないか

地震のメカニズムに詳しい東京大学地震研究所の古村孝志教授のコメント

今回の地震は深発地震の中でも最大級の地震だから何がしか想定外の事が起きそうでもある

今回の地震、深発地震としては世界最大級ってマジだったのか…こわ\(^o^)/

今間の地震の規模はM9.1だったが、深さ560キロ。被害はほとんどないはず。でも、これまでの50年で全世界最も大きな深発地震だろう。

深発地震としては最大級。すなわちそれだけの歪みが解放されたということ。しかしベースが大きく動いたのでその上に乗っかる部分での誘発地震は増えるでしょうね。私が一番危惧するのは房総半島東方沖あるいは八丈島東方沖の311最大余震。

今後も地震には気を付けましょう

1