1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

MIT (マサチューセッツ工科大学)がすんごいの作ったぞ!!

MIT(マサチューセッツ工科大学)のバイオミメティックロボット研究所(Biomimetics Robotics Lab)では、2009年から「Cheetah」と呼ぶチーター型ロボットの開発を行ってきていた。

米マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発しているチーター型の四脚走行ロボット「MIT Cheetah 2」に、障害物を飛び越えながら走り続ける能力が追加された

ロボットをMITの研究者はさらに“調教”し、走りながら、障害物を跳躍しすることに成功。

あのきもい4足歩行ロボを開発しているのはMITだったのか

自律的に障害物をジャンプする4足歩行ロボットというのは初めてのようです。

MIT cheetah robot lands the running jump youtu.be/_luhn7TLfWU @YouTubeさんから これが戦場に投入されたら近未来戦争って感じ

ルームランナー上で、ケーブルに繋がれた状態のロボットが、時速8kmの速度で走りながら、いくつかの異なる高さの障害物を見事に跳躍。最も高いものはロボットの全高の半分を超える40cmの高さがある。

ランニングマシンを使用したテストでは障害物を研究者がベルト上に置いていくため、1メートル程度の距離を進む間に障害物を検出してジャンプを開始することになるが、テストを繰り返す間に70%程度の障害物を飛び越えることに成功。

障害物の配置された室内でのテストでは、より簡単に障害物を検出できるため、成功率は90%程度になったという。

MIT cheetah robot lands the running jump youtu.be/_luhn7TLfWU ほぉ、もうこんなロボあるんだ 走って跳ぶチーターロボット

Cheetahを支える技術

チーターというよりバッファローに近い

障害物を飛び越える能力は、新たに搭載されたレーザーによる距離測定(LIDAR)デバイスと3つのアルゴリズムによって実現されているという。

1つめのアルゴリズムでLIDARのデータから障害物を検出し、距離と大きさを予測する。

ん?

2つめのアルゴリズムでは安全に障害物を越えられるジャンプ位置を予測し、歩幅や速度を調整する。

むむむ、、?

3つめのアルゴリズムが、障害物の高さと現在の走行速度からジャンプの軌道を決定するとのこと。

むむむむ。。。??

動物が持っている軽量で高速に動く骨や腱の配置構造の原理を研究しているのだ。

MITの研究者が開発している、四足ロボットのチーター. 走りながらランダムに現れる障害物をジャンプしてかわしている. 動きの一つ一つが、まるで本物の動物のようで、見ていると愛着すら感じてくるような. thenextweb.com/shareables/201…

MITで開発された4足歩行ロボットが驚くほど自然に障害物を飛び越えていきます。

さらに研究は進む

研究グループはさらに、「Cheetah」の操作性を向上させるために尾の研究を行うという。それはチーターや猫、犬が行動する際には尾でバランスを取っていることを示すビデオから思いついたらしい。

新しいアルゴリズムによって、「Cheetah」の速度を約48kmにまで速くすることができると予測している。

は、はええ、、

1 2





Juntaponさん

おもしろいことさ
がしてます。みなさんよかっ
たらみていってください

このまとめに参加する