1. まとめトップ

共同開発の新型スポーツカーはやはり新型「スープラ」!

トヨタとBMWの共同開発による新型スポーツカーはやはり新型「スープラ」!

更新日: 2019年01月22日

5 お気に入り 91042 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▽デトロイトモーターショー2019

トヨタ自動車の米国部門は1月14日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2019において、新型『スープラ』(Toyota Supra)の米国ベース価格を、4万9990ドル(約540万円)と発表した。

米国仕様の新型スープラには、ベースグレードの「3.0」と、上級グレードの「3.0プレミアム」をラインナップする。

3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、米国仕様の場合、最大出力335hp、最大トルク50.5kgmを引き出す。トランスミッションは8速ATで、0~96km/h加速4.1秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を備える。

ベースグレードの3.0には、アダプティブサスペンション、アクティブリアディファレンシャル、ローンチコントロール、アルカンターラシート、ブルートゥースとiPod機能付きの6.5インチディスプレイオーディオなどを標準装備する。

上級グレードの3.0プレミアムには、3.0の装備に、ナビゲーションシステム付きの8.8インチワイドタッチパネルディスプレイ、「スープラ・コネクト」テレマティクスサービス、ワイヤレスApple CarPlay、JBLオーディオシステム、ワイヤレス充電、ヘッドアップディスプレイ、ヒーター付きレザーシートなどを追加している。

▽ほぼ決まり??

▽サウンド

▽レースデビュー

▽日本でもプロトタイプ登場

▽2リッター4気筒モデル

スープラもBMW Z4と同じくエンジンラインナップが複数あり、2.0リッター4気筒エンジンモデルの存在が確認されました。

リークされた仕様書によると、
2.0リッター直列4気筒エンジン265PS
3.0リッター直列6気筒エンジン340PS

スープラオーナーズクラブにて多田哲哉さんは「スープラの4気筒モデルは発売します。4気筒エンジンで更に軽量化する事が出来、はるかに優れた重量配分になるだろう」と答えていたそうです。

A90型「スープラ」は、50 : 50の完璧な重量配分を持っており、直4でどう変化するのか興味深いところだろう。

ホイールは、フロントが225/50の17インチ、リアが255/45の17インチが装着されると伝えられており、ボディサイズは、全長4380mm×全幅1860mm×全高1290mm、ホイールベースは2485mmで車重は1496kgと予想。これは先代モデルと比べ全長が140mm短縮されコンパクトになっている。

▽グッドウッド・フェスティバル

▽価格

BMW Z4と共通プラットフォームで開発されている2019年トヨタスープラ(US仕様)の価格やスペックがリークされています。

1 2 3 4