1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

岩隈投手がメジャーリーグでノーヒットノーランを達成した事で話題になりましたね!

▼ノーヒットノーラン

ノーヒットノーラン(英: No-hitter)とは、野球、ソフトボールの試合における記録のひとつで、投手が相手チームに安打を与えないことを指す。

▼9回を無安打無失点に抑えながら延長で初安打を許した例

1940年7月9日 福士勇 ライオン 1-1 名古屋金鯱 後楽園 11回2死佐々木常助が初安打
1943年10月1日 真田重蔵 朝日 3-0 南海 西宮 10回2死中野正雄が初安打
1949年10月1日 杉下茂
服部受弘 中日 0-1 東急 中日 10回無死、服部から大下弘が本塁打
1954年8月19日 宅和本司 南海 0-1 毎日 大阪 10回2死呉昌征が初安打
1955年5月24日 荒巻淳 毎日 0-4 大映 後楽園 11回1死増田卓が初安打
1958年5月18日 布施勝巳 東映 0-1 南海 大阪 10回無死広瀬叔功が初安打
1958年10月9日 児玉泰 中日 1-1 広島 中日 11回2死拝藤宣雄が初安打
1967年4月25日 坂井勝二 東京 0-2 東映 東京球場 10回無死種茂雅之が三塁打
1990年5月9日 渡辺久信 西武 2-0 日本ハム 東京ドーム 11回1死小川浩一が初安打
2005年8月27日 西口文也 西武 1-0 楽天 西武ドーム 10回無死沖原佳典が初安打

▼9回以上を無安打無失点に抑えたまま9回終了以降に降板した例

2006年4月15日 八木智哉 日本ハム 1-0 ソフトバンク ヤフードーム 10 継投による無安打無得点
2014年5月31日 金子千尋 オリックス 0-1 巨人 京セラドーム大阪 9 9回裏代打で降板、継投による無安打無得点は11回1死まで継続

▼こんなにも涙をのんできた選手が多かったんですね・・・

1