1. まとめトップ

妊娠線・肉割れ予防マニュアル

妊娠線は早めのケアが大事です。産後も美しくいれるために!

更新日: 2015年06月02日

17 お気に入り 3332 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wex6wbbyrさん

みなさんにお伺いします。妊娠線はできましたか?

約3分の2の方が妊娠線はできなかった、約3分の1の方は
妊娠線ができた、といった結果になりました。

そもそも妊娠線って

妊娠より短期間でに急激にお腹が膨らむことによってできた肌表面のひび割れ
【妊娠線】【肉割れ】【ストレッチマーク】などと呼ばれます。

妊娠線のできはじめる時期は?

一般的に妊娠後期(8~10ヶ月)がもっとも多いが妊娠中期(5~7ヶ月)から出来る人も
妊娠線が残ってしまった方の中で、妊娠後期からできたという方が43人と70%を占めています。

妊娠線はなぜできるのでしょうか?

皮膚は表皮、真皮、皮下組織から成り立っています。 妊娠して腹部が大きくなるにつれて表皮は伸びることができるので、妊娠するとママのお腹は大きくなります。
急激なお腹の成長により表皮は伸びるのに対して、真皮や皮下組織の一部は伸びにくいためお腹の大きさについていけず、亀裂が生じ赤紫色の線状斑が現れます。これが妊娠線です。できてしまった妊娠線は痛むことはありませんが、かゆくなることがあるので強くかきこわしてしまわないようにしましょう。できたての頃は赤紫色で、時間の経過とともに白っぽくなってきます。1度できてしまった妊娠線は産後目立たなくはなりますが、決して消えることはありません。

妊娠線のできやすい人

・一般的に太めの人
→皮下脂肪が厚いと皮下組織が伸びにくくなり、皮膚に亀裂が入りやすくなるためです。

・急激に体重が増えて腹囲が大きくなった人
・小柄でも妊娠中におなかが比較的大きくなった人
→その分皮膚が伸びるため、妊娠線ができやすくなります。

・双子などの多胎児妊娠の人
→子宮が大きくなることでおなかが大きくなり、妊娠線ができやすくなります。

・2人目、3人目などの経産婦の人
→一度出産を経験しているので、子宮が伸びやすく、急激におなかが大きくなり、妊娠線ができやすくなります。

・加齢や日焼けなどによって肌が老化している人、乾燥肌の人
→肌にうるおいが少なく、柔軟性が乏しいので、亀裂ができやすくなります。また、つわりの影響で体重が大きく増加していない場合でも、栄養状態が悪くなり、肌が少し引っ張られただけで妊娠

妊娠線の予防方法

一度できてしまった妊娠線消すことは、難しいです。だからこそ 妊娠線の予防方法しっかりやりましょう!

妊娠線の予防で一番手軽に出来て効果的なのは、保湿力の高いクリームでマッサージをすることです!妊娠線予防の為のクリームはいろいろなメーカーが出ていますが、成分はほとんど同じで、大切なのは肌を乾燥させないことなので、そんなに高価なものじゃなくても大丈夫です

1.下腹部から上に向かって手のひら全体を使ってマッサージします。
2.へそを中心とし、外側へ向かって手のひら全体を使ってマッサージします。
3.お腹を円を書くようにマッサージします。

美しいスタイル保っている芸能人の妊娠線対策

木下優樹菜さんの妊娠線予防対策

妊娠線予防マッサージおいるたっち
上 ■■■CRARINS
中央■■■WELEDA
下 ■■■orbaviva
ゆきなのぶろぐを
見てくれてる
マタニティー仲間逹
おすすめっち

出典http://ameblo.jp/kinoshita-yukina1204/entry-11179802426.html#main

市井紗耶香さん妊娠線予防対策

1