1. まとめトップ

私ってくさいかも・・・「気になる自分の体臭」 それを知る方法があった!対策は?

自分では自分の匂いには気づけないもの。知らず知らずのうちに周りに不快感を与えているかもしれません。でも大丈夫!自分の匂いを知る方法があるんです。

更新日: 2015年06月17日

22 お気に入り 145395 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CherrySweetさん

■60%の人が自分の匂いを気にしている

とくに夏など暑くて汗をかきやすい時期には気になりますよね。
職場や学校、普段なにげなく過ごしている場所に体臭をまきちらしているかも・・・
とくにエレベーターなどの狭い空間で自分の体臭が周りの人に不快感を与えているかもしれません。

日常生活において自分の臭いが気になった経験がある人は約6割で、最も気にしている人が多いのは「汗の臭い」だった。「汗をかく夏場のわきのニオイはすごいものが…」「会社の節電対策でクーラーが効いていなくて、暑くて汗をかいてしまうので汗のにおいが気になる」など、特に夏場に自分の汗の臭いを気にしている人が多数見られた。

汗臭いおっさん、なんでわざわざ俺の近くに立つのさ( `ω´ )

僕の周りの人ごめんなさい。ちょっと僕汗臭いです。、しかも僕だけの汗じゃありません。ブレンドしてます。ごめんなさい。

■自分では自分の匂いはわからない。どうして?

他人の匂いには敏感なんですよね。
「あ、この人ちょっとくさい」「近寄りたくないなぁ」なんて経験必ずありますよね。
他人の匂いは気づくのに、自分の匂いには気づけない・・・なぜ?

理由は自分の臭いに鼻が麻痺しているからというのが原因です。
男性でも女性でも同じですが、自分の臭いはなかなか気づきません。

■心配ご無用!自分の匂いを知る方法があった!(体臭偏)

普段の自分の臭いの付いた服をビニールに入れて臭いが逃げないようにしておいてそこからまったく別の臭いが付いた服を着てまず自分のニオイの錯覚を取り除いてやります。

20分もして自分の鼻の錯覚を取り除いてやってからビニールに入れた服を臭えばあら不思議自分の体臭がわかります。

■心配ご無用!自分の匂いを知る方法があった!(口臭偏)

唾液をティースプーン2杯くらい吐き出して、瓶にいれます。
同様に、舌や歯茎などをガーゼでふいて同じ瓶に入れます。
そのビンをなべの中にビンごと入れます。

少量の水をなべの中に入れて熱します。
ビンの中身(唾液などを)暖めていきます(蓋をせずいれる)
ビンの中身が温まってくるとにおいが発生してくるはずです。

それが、口臭です。
この方法で口臭をチェックするとショックを受けるかもしれません。かなりのにおいがします。

■もし、自分の匂いがクサかったら・・・すぐに始めよう!

やさい~やさい~やさい~~ やさいを食べると~♪
におい~におい~におい~~ においが無くなる~♪

1番確実なのは体臭のニオイを出す体を改善してあげることです。

体臭に効果的なサプリメントや食事を改善して体の中から体臭が出ないようにしてやって体臭の原因になる雑菌を除去してくれる石鹸などを使い体のケアをしてやると効果的に体臭が無くなりますよ。

1番大事なことは、色の濃い野菜をたくさん摂ることと水で水分を摂ることです。この2つが出来ないと中々体臭が消えません。要は血が綺麗に流れないと駄目だと言うことです。

体臭を抑えるためには腸内環境を整える事です。便秘や下痢などで腸内環境が悪化するとアンモニアが発生し、それが体臭の原因と考えられているからです。

歯磨きが基本。
やっぱり基本が一番大事ということですね。
正しい歯磨きでケアをしましょう。

歯みがきの質が口臭に大きく影響するのは言うまでもありません。小さなブラシを選び、歯と歯の隙間にブラシを差し込むようにして、隙間にそって細かく動かしてみがきます。もちろんデンタルフロスなどを使うのも効果的です。

また、奥歯は自分でみがいたつもりでも歯垢や汚れが残りやすく、それが口臭の原因になります。上下4か所の奥歯は、ちょっと大げさなくらい丁寧にみがくのがちょうどよいです。

口臭の原因は細菌が発生させる揮発性硫黄化合物であり、その 60% が「舌」にある、「舌苔(ぜったい)」より生産されています。その舌苔は主に舌の後方部に多く付着しています。

よって口臭の除去には、原因である舌苔を舌清掃により、除去するのが最も効果的です。

■自分の匂いが気になって気になって仕方ない場合

場合によっては、「自分はクサイ!」と思い込んでしまい、いわゆる「自己臭症」を発症してしまうケースがあります。

・自分はクサイと思い込んでしまい、自分の臭いの事が頭から離れない

・相手の仕草が、自分の臭いを避けるものではないかと、疑いやすくなる

・自分の臭いを抑えようと、気になる部位を 一日に何度も洗い続けたり、下着をすぐに替える、消臭剤を過剰使用する……など、強迫的行為が顕著になる

・気持ちが冴えず、日常の大切な事が手につかなくなってしまう

・対人状況を避けるようになってしまう

自己臭症の治療は、「自分はクサイ!」という観念が不合理であるということを正しく理解すると共に、その観念から引き起こされる、対人状況での不安感や、臭いを抑えるための強迫的行為を軽減させることが大切です。そのために、心理療法と薬物療法が行われます。

■誰にでも多少の体臭はあるもの。ケアも大切だけど気にしすぎないことも大切。

キチンとケアし清潔にしていても発生する体臭は誰にでもあります。
生きている以上必ず!ですので、それでも出るニオイは個性です。

体臭はあるのが自然。これを無理に無くそうと過度の対策・・・例えば様々なクリームを塗りすぎたり
身体を洗い過ぎたり・・・こららの過度の対策は逆効果になりかねません。

だから、気にしすぎないことも大切なんですね。

1