1. まとめトップ

自転車の法律知ってますか?もしかしたら法律違反をしてるかも。罰則も強化!

守ってますか?自転車の法律。違反を繰り返すと 講習を受ける義務も生じます。そして 自転車の法律違反をするという事は、危険な行為をしてしまうという事になるので、自転車で事故をする可能性が高くなります。だから きちんと自転車の法律を学んでルールを守る事が大切なんですね。

更新日: 2015年06月01日

0 お気に入り 599 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rm_neverさん

出典greenz.jp

自転車の法律違反をしているかも知れませんよ。
知らなかったでは済みません。
だから 自転車に乗る人は、法律を知っておく必要があるんです。

平成27年6月1日より、交通の危険を生じさせる違反を繰り返す自転車の運転者には、安全運転を行わせるため講習の受講が義務づけられます(子どもでも14歳以上は対象)。

中学生のお子さんも 違反を繰り返すと 講習する必要があるんです!!

違反を3年以内に2回以上繰り返す自転車利用者に講習の受講を義務づけ、未受講者は罰金刑が適用されます。

講習は3時間で、受講料は5,700円と、なかなかバカにならない金額。
これを受講しなかった場合は5万円以下の罰金が科せられ、いわゆる「前科者」の扱いになります。

平成27年6月1日より 罰則強化の対象となる危険な行為

1.信号無視
2.通行禁止違反
3.歩行者専用道での徐行違反等
4.通行区分違反
5.路側帯の歩行者妨害
6.遮断機が下りた踏み切りへの進入
7.交差点での優先道路通行車妨害等
8.交差点での右折車妨害等
9.環状交差点での安全進行義務違反等
10.一時停止違反
11.歩道での歩行者妨害
12.ブレーキのない自転車運転
13.酒酔い運転
14.安全運転義務違反

自転車の法律 知ってましたか?

自転車の気になる法律を紹介!!

多くの方が間違っていたり 「えっ そんな事もダメなの?」て思うような自転車の法律を紹介しますね。

1.自転車による右側通行禁止、だから 左側を通行しなければダメってこと。

ただし、例外として、『道路標識や道路標示で指定された場合』、『運転者が13歳未満の子ども、70歳以上の高齢者、身体の不自由な方の場合』、『車道や交通の状況からみてもやむを得ない場合』は、自転車が歩道を通行できるとされている。

基本 は自転車は、理由がない限り 左側通行をしなければならないんですよ。
だから 例えば 買い物に行く時と 帰る時は、反対を通る必要があるんです。

2.自転車は、基本 歩道を走ってはダメ!

歩道がある道路では、原則車道を走らなくてはならない。止むを得ず歩道を通行する場合は、徐行しなくてはならない

3.自転車も一時停止の標識(止まれ)を守らないとダメ!

一時停止の標識(止まれ)では、一旦止まって足を地面につけなくてはならない

自転車も一停止を守らないといけないんですよ。

4.自転車も一方通行を守らないとダメ!ただし条件指定がしてあれば大丈夫

5.夜の無灯火での自転車走行はダメ!

夜 暗くなって自転車に乗る時は、ライトを付けないと法律違反ですよ。

曖昧で解りにくい 自転車の安全運転義務違反を学ぼう

自転車の安全運転義務違反とは。

「車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない」という定めに反する行為のこと

携帯で電話しながら、スマホをいじりながらの運転、片手で傘をさしながらの運転なども違反になる

安全に自転車を運転しないないと判断されたら、法律違反になるって事です。
だから 両手ばなしが出来るって 自転車で自慢した時点で 法律違反になるって事ですよ。

自転車は、安全を守って乗る義務がある乗り物です。
誰かに 迷惑をかけたり、怪我を負わせない為にも 安全運転を心がけましょう。
自転車の事故によって 最悪 人が亡くなる事もあるんですよ。
自転車は 凶器になりえるんです!!
ルールを守り 安全運転をしましょうって事ですね。

1