1. まとめトップ

絶対知っておきたい!スリムに可愛く写るための自撮りのコツ♪

だれでも簡単に試せる、スリムに見せるための自撮りのコツをまとめました。前半で紹介している水着の女性の写真には本当に驚きますね。いろいろなコツも役立ちそうですが、可愛く写るためにはやっぱり明るい表情が大切なのかもしれません。

更新日: 2015年06月02日

6 お気に入り 26775 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mn14106さん

最近ではスマホの普及に伴って、以前よりも写真を撮る機会が増えていますが、どうせ撮るなら少しでもスリムにかわいく写りたいのが女心ですよね。

◆まるでダイエット後!全身をスリムに見せるコツ

左のビフォー写真…きつめの水着を着用し、お腹を出した姿勢で肩を丸め、表情は暗く。

右のアフター写真…フィットする水着に着替え、お腹を引っ込めて胸を張り、自信に満ちた表情を意識。

写真の加工としては、ビフォーの方が少しだけズームされ、アフター写真には陰影が強く感じられるフィルターをかけています。
Photoshop等の、本格補正は使用していません!

■アフター写真のポイント
自分に合っている水着を選ぶ。
姿勢をよくする。
笑顔を忘れない。
髪の毛を下ろすと、痩せて見える。
ボディが美しく見えるラインに沿って、肌が小麦色に見えるクリームを塗ってメリハリをつける。
足を上手に曲げつつ回転させて「太もものスキマ」を作る。
脚全体が見える構図で、かかとを見せる。

◆スリムに見せるための小技

・顔周り

顔に陰影を作る

ポッチャリさんや顔の大きいことにコンプレックスを抱いている人は、気になる部分にブラウン系のフェースカラーをのせて「陰」を作ります。ブラウン系のメイクは、あくまでも目の錯覚を利用する為なので付けすぎやテカリに要注意!

カメラは斜め上にセッティングする

斜め上にカメラをセッティングすることで、上目使い&アゴが小さくみえる、ということで斜め上のカメラ目線は必須

自然光で肌を綺麗に見せる

室内の蛍光灯より、やっぱり自然光の方が明るさも強く、肌も綺麗に見せてくれるよう。

・腕、手

腕を後ろに引く

写真で気になる人が多い“二の腕”に効果的な方法は、両肩を後ろに引いて二の腕の内側を背中とかぶるようにすることです。これで二の腕もほっそりと見えるし、肩幅も狭く見えて華奢な印象になります

手をマッサージしておく

手を心臓よりも高い位置にしてから、手の甲に溜まった血液を肘の方へ流すようなイメージでマッサージをすると、手の甲の血管が目立たなくなります。手が写るポーズをする時は、手元から肘にかけてマッサージをすることも忘れずに。

・ウェスト

腰に手を当てる

どちらかの手を腰に当てるとウエストをカバーしてウエストが細く見えるし、そこに視線が行くので全体的にメリハリのある体に見えます。また顎や頬に手を当てることによって小顔に見える効果もあります

・脚

脚をクロスさせる

1 2