晩夏のプレイボール (角川文庫)

晩夏のプレイボール

著者:あさの あつこ
部活:野球部
あらすじ:
野球を続けがたい現状に抗い、「夏の甲子園」を目指して野球に打ち込む者たち―。高3の夏、肩を壊した元エース・真郷と、過去にトラウマをもつ現エース・律は、心ひとつにして甲子園を目指していた…(「練習球」)。戦力不足に悩む彰浩と信吾の前に現れた転校生の有一は、無口で不器用だが、誰よりも才能豊かなピッチャーだった…(「このグラウンドで」)。他、「夏の甲子園」をめぐるドラマを描いた、10の傑作短編。

この情報が含まれているまとめはこちら

読書感想文にオススメしたい本 テーマ別まとめ【中学生・高校生向け】

夏休みの課題の定番、読書感想文。中学生・高校生にオススメの読書感想文向けの作品をまとめました。

このまとめを見る