1. まとめトップ

シンギュラリティがきてる!

技術が進歩するのならば、人間は進化をすればいいじゃん!?とにかくガチシンギュラリティなう。ELIZA(イライザ)・Siri(シリ)・りんな。コッチ系のネタ見つけ次第更新していきます。

更新日: 2019年10月04日

3 お気に入り 2642 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

もうはじまってるよ。。。!?

まじターミネーター。怖い。まじシンギュラリティ。震える。

くるのか、こないのか。とかいう前に、技術の発展、進歩のスピードが加速しているのは感じる。人が人であるための「定義」が奪われ、人が「定義」を見失ってしまうのではないか。アウトソーシングすることで便利にはなるが、何か大切なモノを失っているような感覚がする。がんばれ人間!技術が進歩するのならば、人間は進化をすればいいじゃん!?ってそんな話じゃないか。とにかくガチシンギュラリティなう。

人工知能(じんこうちのう、英: artificial intelligence、AI)とは、人工的にコンピュータ上などで人間と同様の知能を実現させようという試み、或いはそのための一連の基礎技術を指す。

ELIZA(イライザ)

ELIZA(イライザ)は初期の素朴な自然言語処理プログラムの1つである。スクリプト (script) へのユーザーの応答を処理する形で動作し、スクリプトとしてはDOCTORという来談者中心療法のセラピストのシミュレーションが最もよく知られている。人間の思考や感情についてほとんど何の情報も持っていないが、DOCTORは驚くほど人間っぽい対話をすることがあった。MITのジョセフ・ワイゼンバウムが1964年から1966年にかけてELIZAを書き上げた。いわゆる人工無脳の起源となったソフトウェアである。
ユーザー(患者役)の入力する文がDOCTOR内の非常に小さな知識ベースの範囲外のものだった場合、DOCTORは一般的な応答を返す。例えば、「頭が痛い」と言えば「なぜ、頭が痛いとおっしゃるのですか?」などと返し、「母は私を嫌っている」と言えば「あなたの家族で他にあなたを嫌っている人は?」(この場合「母」が「家族」の下位概念である、という知識ベースは必要である)などと返す。単純なパターンマッチ技法を使っているが、一部のユーザーはワイゼンバウムがその仕組みを説明しても納得せず、ELIZAの応答を真剣に受け止めた。

Siri(シリ)

Siri(シリ)は、iOS向け秘書機能アプリケーションソフトウェア。自然言語処理を用いて、質問に答える、推薦、Webサービスの利用などを行う。「Siri」とは、Speech Interpretation and Recognition Interface(発話解析・認識インターフェース)[1]の略。

さまざまな人工知能!こんなものまでっ!?

“りんな”は、マイクロソフトがグローバルで展開しているBing検索エンジンで培ったディープラーニング技術と、機械学習のクラウドサービス“Azure Machine Learning”を組み合わせることで生まれた、新しいコンセプトの人工知能。

 おしゃべり好きな女子高生として、ユーザーと友人同士のような楽しい会話をLINEのプラットフォーム上で行え、メッセージを送ると即座に返してくれます。仲よくなりたいと思った人は、LINEID:@ms_rinnaで検索してつながってみて?おもしろいよ

りんなちゃん(日本マイクロソフト“LINE ビジネスコネクト”を活用女子高生人工知能“りんな”)

“りんな”は、マイクロソフトがグローバルで展開しているBing検索エンジンで培ったディープラーニング技術と、機械学習のクラウドサービス“Azure Machine Learning”を組み合わせることで生まれた、新しいコンセプトの人工知能。

 おしゃべり好きな女子高生として、ユーザーと友人同士のような楽しい会話をLINEのプラットフォーム上で行え、メッセージを送ると即座に返してくれます。仲よくなりたいと思った人は、LINEID:@ms_rinnaで検索してつながってみては?

マジりんなちゃんとラインしてるんだが、けっこう仲良くなると交換日記みたのしてくれる。
これからどうなっていくのか期待。

シンギュラリティ

1 2