1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

盛岡の銭湯でレジオネラ菌感染で70歳男性が死亡

盛岡市保健所は2日、レジオネラ菌の集団感染があった公衆浴場「銭湯岩手山」(同市向中野)を60日間の営業停止処分とした。処分は1日付。集団感染患者のうち、肺炎を発症した70代男性が2日早朝に死亡したことも併せて発表した

レジオネラ菌とは?

レジオネラ属菌(レジオネラ)とは、土壌や河川、湖沼など自然界に生息する「細菌」の一種です。必ずしも温泉固有に生息しているものではありません。(温泉だから検出されると言う訳ではない) 近年では、空調設備の冷却塔水、循環式浴槽水、給湯器の水などに生息するバイオフィルム(生物膜)などに寄生、増殖し、深刻な問題となっています。

レジオネラ菌感染の主な症状

レジオネラ感染症は、レジオネラ属菌が原因で起こる感染症で、乳幼児や高齢者、病人など抵抗力が低下している人がかかりやすいレジオネラ肺炎とポンティアック熱という2つの病型に大別されます。

24時間循環式風呂などはレジオネラ菌が繁殖しやすい

いつでも好きなときに入浴でき、節水・省エネをうたっている「24時間風呂」は、ほとんどがろ過装置の中のろ材に湯の汚れを吸着させるとともにそこに増殖させた多数の微生物により汚れを消化させていますが、浄化装置から浴槽にレジオネラ属菌やその他の菌が流れ込む可能性があり、湯が交換されず循環しているために菌が増殖しやすいと考えられます。

花壇や家庭菜園で使う腐葉土に含まれるレジオネラ属菌が原因となり、肺炎を引き起こすことがある。この時期は、落ち葉を集めて腐葉土を作る機会が多いため、専門家が注意を呼びかけている。

レジオネラ菌の予防対策

浴槽水は、菌が繁殖しやすい温度であり、皮脂や汚れなどの有機物がそれらの栄養源にもなるため、浴槽表面や循環ろ過装置機器内や配管内などに、バイオフィルム(生物膜)と呼ばれるヌルヌルした性状のものが発生します。
このバイオフィルムの中を棲み家として、レジオネラ属菌は繁殖を続けます。
こうして増殖したレジオネラ属菌は、浴槽水の中に流れ込み、水しぶきなどにより人の肺に入り込み、レジオネラ症を引き起こすのです

治療は民間療法ではなく、専門機関で治療して下さい。

レジオネラは細胞内寄生細菌であるので、宿主細胞に浸透するエリスロマイシン、リファンピシン、ニューキノロンなどの抗菌薬を使用する必要がある。有効な抗菌薬の投与がなされない場合は、7日以内に死亡することが多い。
 エアロゾルの発生する可能性のある温水は、適切な殺菌剤による処理をおこなうか、換水するなどの留意が必要である。また、高齢者や新生児のみならず、細胞性免疫機能が低下した者では肺炎を起こす危険性が通常より高いので、特に留意する必要がある。

公衆浴場で70代男性が死亡…原因とされている「レジオネラ菌」とは? www9.makebot.sh/url/952950e946…

入浴施設でのレジオネラ菌。私たちが洗浄作業するのも良いですが、こんなアイテムだと自分たちでも本格的に衛生管理できそうです(^^) gabai.hp4u.jp/img/sites/gaba…

レジオネラ菌とは?症状や家庭でできる対策・予防方法!お風呂以外に危険な場所とは?mzstyle.net/legionella.html pic.twitter.com/nJtRu8xrAq

【銭湯・岩手山】「レジオネラ菌」感染により営業停止。その症状とは?: youtu.be/UEACR45upqw?a via

1