1. まとめトップ

【インテリア】「天井のクルクルするやつ」の名前と機能は?【プロペラみたいな】

見るたび、「名前はなんだろう」「なぜクルクル回ってるのだろう」と疑問に思ってたアレ。調べました。名前と、気になる機能とは?

更新日: 2015年06月04日

16 お気に入り 154755 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

happy55maniaさん

↓これの名前が分からない。

分からない人は大勢いた。

東南アジアのコロニアルホテルなんかでよく、天井でゆっくりゆっくりクルクル周ってる4枚羽根のやつ、あれなんていうんですか?

「4枚羽根」「ゆっくりクルクル」そうそう、アレですね。

お店の天井によくつけてあって、くるくる回っているあの小さなプロペラみたいなものの名称って何だか分かります? 扇風機じゃなくて風力発電のプロペラみたいなやつです。誰か分かる方いませんか? またその使用目的も教えてください。

「プロペラ」「扇風機じゃなく風力発電の」うまいたとえですね。

部屋の天井でくるくる回るプロペラがありますがあれは一体どういう機能を果たしているのでしょうか?空気をかき回しているのでしょうか?名前は何でしょうか?

本当に、何の機能なのかわからないですよね。

天井でくるくる回る、四枚羽根の扇風機じゃなくプロペラみたいな「アレ」の名前は・・・。

「シーリングファン」

シーリング(天井)のファン(扇風機)。3枚羽もあるようです。

照明が一体になっているのは「シーリングファンライト」で、羽根だけ欲しい場合は「シーリングファン」です。

ライト付き・付けられる仕様は「シーリングファンライト」

ライトがついていない「シーリングファン」

■シーリングファンの機能は?

シーリングファン【ceiling fan】 天井に取り付ける扇風機。 空気を攪拌(かくはん)して室温のむらをなくすために用いる。 特に吹き抜けなど天井の高い部屋で、暖房の効率を上げるために取り付けることが多い。

だからホテルやオシャレな吹き抜けのあるお宅でよく見かけるんですね。

■一番のメリットは「冷暖房の効率が良くなる」

サーキュレーション効果で冷暖房効率を高める
お部屋の温度を均一に保ち、冷暖房効率を高めるシーリングファン。
足元にたまる冷気、天井にたまる暖気を対流させ、夏も冬も快適な室温を保ちます。

「ストーブやエアコンと同時に扇風機を回すと暖房効率がいい」という話を耳にした読者も多いことだろう。シーリングファンなら、天井から吊り下げるので場所も取らず、大型の羽がゆっくりまわるので、書類が飛び散ったりすることもない。もちろん冷暖房効率もいいので、部屋の設定温度をワンランク抑えられ、燃料費や電気代の節約にもなるのだ。

■「オシャレ」もやっぱりメリットだ!

モダンでレトロなお部屋に欠かせないものと言えば「シーリングファン」です。

冷房でも暖房でも熱効率がいいと聞きましたし、なんといっても見た目です。かっこいいと思います!

熱効率なんかどうでもいいんです。あれがゆっくり回っているとなんかリラックスできそうでいいです。
素材によってはアジアンチックになったり、ヨーロピアンカフェ風になったりで楽しそうですね。1/fのゆらぎですか、空気の対流もリラックス効果を上げるのでは。

1