1. まとめトップ

戸部田誠(てれびのスキマ):著『コントに捧げた内村光良の怒り』感想まとめ

戸部田誠(てれびのスキマ):著『コントに捧げた内村光良の怒り』(コア新書)に対してTwitter、ブログ、ブクログ、読書メーター、Amazonなどに書いて頂いた感想を賛否問わずまとめました。

更新日: 2015年07月16日

LittleBoyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 2263 view
お気に入り追加

水道橋博士

事前に、ゲラ読みしたが、
膨大な資料、記憶から、
巧みに言葉を抽出、
新書本に適して簡潔にして明瞭に整え、
ますます筆運びが冴えている。
「ウッチャン」は、その実績、実力ながら、
意外にも、一冊のテーマで書かれたことは少ない。
ボクも「てれびのスキマ」論考で、
ウッチャンの凄さを知ったことも多かった。
 
次世代に繋ぐ、芸人観察本として、
本作は前作と合わせ、
ロングテイルで読まれるべき一冊。
と言うより、時代を併走する記録書として、
長くシリーズ化すべきだろう。

酒井若菜

芸人さんからアイドルまで、生きてるなぁ、という感じの人が沢山出てくる
タレントを取り上げる本は下世話なものが多いけど、スキマさんの文章は、優しくて温かいので、別格

面白い。 内村さん、最高。 てれびのスキマさんが書くとその芸人さんのこと大好きになっちゃう。 熱ってるね。 pic.twitter.com/GSuGwBEGT7

面白い!しかし登場人物を全部知っているってのも不思議な感じだ。 pic.twitter.com/oW6At5quwi

一気に読了。よく知っているつもりで実はよく知らないウッチャンのこと。一緒に何年もレギュラーをやっていたのにね。 pic.twitter.com/KB4cAMlhND

『琥珀色の戯言』更新:【読書感想】『コントに捧げた内村光良の怒り』 ☆☆☆☆☆ d.hatena.ne.jp/fujipon/201506…  「いままで自分がみてきたお笑い番組で、ちょっと引っかかっていた場面」の謎が解ける一冊。

【書きました】今夜25年ぶりの復活!『コントに捧げた内村光良の怒り』もレビューしてます/今夜マモー・ミモーが復活「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」20代の内村から50代の内村へ - エキレビ!(1/3) excite.co.jp/News/reviewboo…

NHK『家族に乾杯』蛭子能収さんゲスト回後篇。 笑福亭鶴瓶さんのすごすぎる能力。 てれびのスキマ/戸部田 誠(@u5u)さんの 『コントに捧げた内村光良の怒り』の鶴瓶さんの章を読んだせいか、 余計にすごいと思う。 すごい。

明日発売のてれびのスキマさんの新刊、めちゃくちゃ良かった早見あかりの記事も入ってるみたいだからモノノフ全員買ったらいいと思うよ。 #momoclo twitter.com/u5u/status/605…

実は都内でもう入手できたので読了済。 ウッチャンやタモさん、鶴瓶師匠ら名だたる芸人さん達の評伝集の中に、早見あかりとももクロの章が組まれていることにただただ感謝。表に明らかになってる事項を積み重ねて読み応えのある内容なのでオススメ。 twitter.com/u5u/status/605…

てれびのスキマさんの新刊にある鶴瓶師匠の章を読んでいると、桃つるの番組構成の変遷が最初から仕組んだかのように思えてくる不思議。 あの落書きはももクロを自然体にするための一種の儀式だったような。

てれびのスキマさんの本は読んでて愛情を感じるから読み終わった後心地が良い

「タモリ学」の時にも思ったことですが、てれびのスキマさんの、入念に詳細なデータを調べあげてそこから情報を読み解かれる姿勢には本当に頭が下がります。そして、完成した文章が「面白い」という。 /内村光良が子どもだった頃 - てれびのスキマ littleboy.hatenablog.com/entry/2015/06/…

読んだ。トータルでは前作ほどの満足度はないものの、追加した内村さんの部分が必読。 コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方 (コア新書) amazon.co.jp/dp/4864367949/… @Amazon

SMAPファンスマオタにもチェックしてほしい中居正広の項あり!コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方 (コア新書) amazon.co.jp/dp/4864367949/…

てれびのスキマさんの新刊購入。軽く華丸・大吉の章読んだだけで涙出て仕事にならんので、残りは帰って大事に大事に読もう

戸部田誠『コントに捧げた内村光良の怒り』最高。膨大な資料の読み込みによる裏付けとあくまでフラットな筆致ながら、評する対象への溢れる愛情。というてれびのスキマさん節が光る。ウッチャン以外も登場。TVやお笑い好きなら是非ものです。 amazon.co.jp/dp/4864367949/…

練馬の安酒場で、博士のメル旬で真っ先に読んでるけど、いや、だからこそ購入した「コントに捧げた内村光良の怒り」。

酔った勢いで無い物ねだり。 テレビのスキマさんは、芸人さんへの愛が強すぎて全てが「ヒヒ話」なのが勿体無い。 ナンシー関が森脇健児を、山田雅人を、中山秀征を、そして萩本欽一をも斬って捨てたようなヒリヒリしたヤツを読みたい。

戸部田誠著「コントに捧げた内村光良の怒り」を読んだ。テレビっ子にはたまらないラインナップ。今日、発売されたものだが一気に読み終えた。悩み苦しみ確固たる覚悟があるからこそ活躍出来るんだということがひしひしと伝わる内容。 pic.twitter.com/lUNHRsR2lO

てれびのスキマ氏の新刊「コントに捧げた内村光良の怒り」を購入。電車の中で読みながら、3回ほど泣きそうになる。 続きは家でゆっくり読むか。

コントに捧げた内村光良の怒り ゲット! スキマさんは自分がボヤ〜っと長年見てきて感じてんだか感じてないんだかわかんないようなことを意識に登らせてくれるんだよなぁ 芸人は本当にかっちょいい 早く読みてー!

てれびのスキマさんの『コントに捧げた内村光良の怒り』読了。一見バラバラに感じる各章が絶妙にリンクしていてウッチャンの章に集約していく構成がすごい。スキマさんの人生の明るい部分だけでなく陰りのある部分をも肯定してくれる語り口が好きです。 pic.twitter.com/I0ex5sTxz7

テレビのスキマさん。。一気に読みました。。面白かったです

てれびのスキマさんの新刊ゲット!読んで号泣。愛情がハンパないよー!ところで私の同居人はウッチャン好きすぎて洋画ファンになり「七人のおたく」を映画館で1日7回見続けた女性なんだけど彼女が人生最初に買ったCDがスキマさんと同じで噴いた。 pic.twitter.com/szXZwRQVJO

ということで、てれびのスキマさんの新刊「コントに捧げた内村光良の怒り 続・絶望を笑いに変える芸人たちの生き方」さっそくウッチャンの章前後編を怒涛の勢いで一気に読み終えてしまいました(笑)期待通り、いや、期待以上にもの凄く面白くて、大変満足度の高い内容で素晴らしかったです!

それと、てれびのスキマさんが後書きで「僕がテレビっ子になったのは間違いなくウッチャンのせいです。」と書かれていたのにも大変共感させられました。特にウッチャンの「おかげ」ではなくて「せい」と表現されている辺りに「そうそう!そうなんだよ!」と深く肯かされました(^_^)

全体通して素晴らしかったんですが、特にウッチャンと松ちゃんの友情、ひいてはウンナンとダウンタウンの強い絆が感じられるエピソードについて、てれびのスキマさん視点から改めて語られた部分は、"事実の再確認"を超えた感動があってとてもグッときました。あの頃から2組を観続けてきた身として。

1 2 3 4





テレビっ子