1. まとめトップ

便秘対策★オリゴ糖がスゴイ!【ダイエット・妊婦さんにも♪】

便秘ってつらいですよね。便秘にはオリゴ糖がいいとよく言われているのでまとめてみました。これで皆さんも快便になりましょう!

更新日: 2015年06月04日

25 お気に入り 15837 view
お気に入り追加

オリゴ糖とは・・

オリゴ糖とは、いくつかの単糖がつながった糖質の一種

オリゴ糖には約20種類ほどあります

天然の動植物に存在するオリゴ糖は、そのほとんどがスクロース、ラクトース、マルトース、トレハロースといった二単糖です。
なかでも胃や小腸で消化、吸収されにくい難消化性の性質を持ち、腸内環境を整える効果で知られている食品に添加されているオリゴ糖には、主に以下のようなものがあります。
・フラクトオリゴ糖 にんにくやごぼう、アスパラガスなど
・イソマルトオリゴ糖 はちみつや味噌、醤油など
・ガラクトオリゴ糖 母乳
・大豆オリゴ糖 大豆
・その他ショ糖、麦芽糖など

オリゴ糖の効果

●腸内環境を整える効果

オリゴ糖は、腸内でビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のエサとなり、それらの増殖を促進することで腸内環境を整える効果が知られています。

●便秘を改善する効果

オリゴ糖は胃や小腸で消化・吸収されにくい栄養素のため、食物繊維と同様に腸内の不要物質を吸着し、体外に排出する働きがあります。
そのため、溜まった宿便も外に出す効果があるので便秘改善にも効果が期待できます。

●美肌効果

腸内の環境が悪くなると、老廃物が溜まり、悪玉菌が増殖し毒素を出します。この毒素こそが、肌荒れの原因と考えられています。
毒素は肌の新陳代謝を衰えさせ、活性酸素[※10]を発生させます。それにより、ニキビができたり、シミ・しわができたりと肌荒れを促進します。また、体内に毒素が溜まることで、血流が悪くなり肌の老化を促進します。
オリゴ糖は腸内で善玉菌のエサとなり、悪玉菌の増殖を抑える効果があるため間接的に肌荒れを防ぐ効果があります。

●動脈硬化を予防する効果

オリゴ糖によって腸内の善玉菌が増えると、血中の善玉(HDL)コレステロールが増えるといわれています。善玉コレステロールが増えることで、悪玉(LDL)コレステロールや中性脂肪を低下させるため、動脈硬化の予防にも効果があるとして期待されています。

●ミネラルの吸収を促進する効果

オリゴ糖を摂取することによって、カルシウムなどのミネラルが吸収されやすくなることがわかっています。

上手な選び方

純度がなるべく高いものを選ぼう!

なぜ純度が高いほうがおすすめなのかというと、
「純度が低い」という事は他の成分も多く入っているということ。

特に、スーパーなどで売られている市販のオリゴ糖の多くは純度が低い上に
「便秘やオナラ」の原因となる成分も多く含まれているのです。

天然成分であるものを選ぼう!

オリゴ糖には天然のモノとそうでないものがあります。
やはり毎日摂取するものですから天然のものが一番。
副作用の心配もないので安心して使用できます。

余計な食品添加物が含まれているものがたくさんあります。

たくさんの種類のオリゴ糖が販売されていますが、成分表示などよく見て買わないと、たった30%しかオリゴ糖が入っていない商品を買ってしまっていたり、取りたくもない人工甘味料や添加物が含まれていたりした、などということになりかねません。
体に入れるものですから、こういったきちんとした姿勢の会社の商品を買いたいですね。

液体タイプも顆粒タイプも添加物に注意です

オリゴ糖と相性のいい食べ物とは?

ヨーグルトとオリゴ糖は便秘に効く最強コンビ

ヨーグルトだけ食べるよりオリゴ糖を混ぜて食べると頑固な便秘も解消される程、ヨーグルトとオリゴ糖は相性抜群!
オリゴ糖は消化吸収されず腸まで届きビフィズス菌の餌となりその数を増やす特長があります。
そこでヨーグルトとオリゴ糖を一緒に摂取する結果、腸内のビフィズス菌(善玉菌)を増やすことで、より高い便秘解消効果を発揮する!

というわけです。

ホットココアにオリーブオイルとオリゴ糖

「ココアにオリゴ糖は分かるけど、オリーブオイル?」
と思うかもしれませんが、オリーブオイルを入れることで、膜ができてココアの温度が下がりにくくなります。
また、オリーブオイルには腸内の滑りを良くするので、うんちが出やすくもなります。
ちなみに、純粋なオリゴ糖だけだと、あまり甘くならないので、牛乳でココアを作ることをお勧めします。

効果的な食べ方

オリゴ糖の1日の摂取量の目安は、5~8gです。

大体スプーン一杯分くらいですね。

ただ人によって、適量は異なるので、体調やお腹の調子などの様子を見つつ、増やしたり減らしたりしましょう。
ちなみに、子供や赤ちゃんにあげる場合は、大体半分以下で試してみるといいですよ。

摂取するタイミングはいつでも大丈夫

朝のコーヒーに入れてもよし
おやつのヨーグルトに入れてもよし
食後の紅茶に入れてもよし
どのタイミングでもいいので、毎日オリゴ糖を摂取するようにしましょう。
どのタイミングで摂取するのが、排便が自分の生活リズムに合うのかを考えて摂取するのもいいでしょう。

一日に何回かに分けて摂取するようにした方がいい

オリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌の食糧となるわけですが、一度に大量のオリゴ糖が来るよりも何回かに分けてきた方がビフィズス菌もオリゴ糖の栄養を摂取しやすいです。

副作用について

オリゴ糖に副作用というものはありません

オリゴ糖は自然な成分なので、新生児にその成分が渡っても問題ないですし、赤ちゃんが便秘の時にも使えます。

妊婦や授乳中も安心なようです

抗生物質との関係

オリゴ糖について、気になるのは抗生物質との併用の場合です。
もし常備薬があるような体調の場合は、オリゴ糖を始める前に主治医に確認してくださいね!

沢山飲むと体調不良に!過剰摂取は危険

オリゴ糖自体は危険な存在ではありません
でもね、オリゴ糖を飲む人が注意をしていなければ危険な存在になることも
体によいからと信じ切って沢山飲んで、お腹を下してしまう人もいれば
飲んでいても全く意味がない、ただのカロリー摂取になっている可能性も

1





マンキューさん

様々なネタをまとめていきます。