1. まとめトップ

お肌のメカニズムをきちんと理解!【ヒアルロン酸とコラーゲン】

まとめの説明を入力(150文字以内。改行は反映されません)

更新日: 2015年06月16日

rachelingさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 899 view
お気に入り追加

肌悩みは尽きない…

いやもうこれまじでなんでなんだろう。何が原因で肌荒れしてるんだろう。食生活は以前よりはましなはずだし、やっぱ睡眠の質が悪いのかな。でも昔から悪いしなあ。普通にお肌の曲がり角っていうやつがわかりやすく表れてきたのかな… 原因がわからない;m;外出る気なくす…

化粧水ちゃんとヒタヒタしてるのに肌荒れひどいんだけども……

そもそも肌のメカニズムってわかってる?

肌の構造を知ることで、「なぜスキンケアが必要なのか」を知ることができ、さらに効果を高めることができるかもしれません!

角質層にあるヒアルロン酸とコラーゲンが、お肌のカギを握っています。肌を奥から支えるコラーゲン。コラーゲンの間を水分で満たすヒアルロン酸。こうして肌の手触りはしっとり、もっちりとしたものになっています。

潤いを保つヒアルロン酸が減少していることで、ぴんっとしていたコラーゲンが肌を支えられなくなっています。その影響で角質層の細胞もバラバラに…。いくら肌がターンオーバーを繰り返しても肌荒れや乾燥が続きやすい状態になっています。

ヒアルロン酸とコラーゲンをもっと詳しく!

▶「ヒアルロン酸」

1gで2L〜6Lもの水分を蓄えられると言われていて、保水性がバツグン。皮膚の中で、みずみずしさや、しなやかさをつくり出しています。

▶「コラーゲン」

バネのように伸び縮みするので、肌のツヤとハリが保たれ、骨にしなやかさと強度が生まれます。

▶つまり「ヒアルロン酸」と「コラーゲン」って?

コラーゲンがピンとはっている状態で、十分に水分を含んだヒアルロン酸がその間を埋めている時は、肌はハリと弾力を保っており、すこやかで乾燥しにくい表皮を作ることができます。

注意!ヒアルロン酸もコラーゲンもどんどん減少!

年齢を重ねると、コラーゲン、ヒアルロン酸は驚くほど減少していきます。

でも体の中からのケアは効果が分かるまで約1ヵ月かかる…

個人差はありますが約28日~56日かけて行われます。

一般的には加齢とともに新陳代謝が低下し、30代~40代になると45日程度はかかるといわれます。年齢とともにちょっとした傷も治りにくくなっていくのはそのためです。

ターンオーバーを待てないときは、角質層に浸透するスキンケアを!

保湿ケアは、与えた水分をいかに浸透させるか、いかにつかまえておくかがポイントです。表面的にうるおすだけでは、すぐに蒸発してしまいます。

角質層への「浸透」に注目して、肌悩みをカバー!

分子量が小さければ小さいほど皮膚へ浸透しやすく、皮膚の表面は皮脂に覆われているので、皮脂になじみやすい脂溶性の物質のほうが浸透しやすくなります。たとえば、ある整肌成分が皮膚へ効率よく浸み込むためには、その成分の分子量が小さく、油に溶ける性質をもっていることが望まれます。

[ポイント]今使っている化粧品、安全ですか?

ブランド?口コミ?
自分が使っている化粧品の成分や原料を知っていますか?
それぞれの効果は?産地は?

1 2





rachelingさん