分子量が小さければ小さいほど皮膚へ浸透しやすく、皮膚の表面は皮脂に覆われているので、皮脂になじみやすい脂溶性の物質のほうが浸透しやすくなります。たとえば、ある整肌成分が皮膚へ効率よく浸み込むためには、その成分の分子量が小さく、油に溶ける性質をもっていることが望まれます。

出典ほんのひと手間で変わる!スキンケアコスメの浸透力 | i-VoCE

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

お肌のメカニズムをきちんと理解!【ヒアルロン酸とコラーゲン】

まとめの説明を入力(150文字以内。改行は反映されません)

このまとめを見る