初期不良率が純正品と比べてやや高い

純正品の不具合率(1~2%)に比べ、リサイクル品は2~3%程度の不具合率となっております。 商品によっても異なりますが、一般的にはトナーよりも構造が複雑なドラムの方が高くなっております。

出典リサイクルトナーのメリットとデメリットについて | Ecoink.in

前へ 次へ