1. まとめトップ

名ばかり民主主義の大欠陥!天皇家と繋がる総理大臣の家系図!麻生太郎が天皇より偉い理由

麻生太郎は、天皇より偉くて、現在の日本を支配しているとされています。麻生太郎と天皇家は、家系図で繋がっており、安倍晋三も天皇家と縁戚です。これがどうして「民主主義」と言えるのでしょう。民主主義ではなくて、貴族政治・独裁政治です。

更新日: 2019年06月29日

1 お気に入り 23082 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

民主政治において政治家は「お飾り」に過ぎず、背後の金貸しが本当の決定権者であるという金貸し支配の実態

選挙で選ばれた訳でもない天皇家

選挙で選んでないのに、生まれた時から国の象徴が決まってるとか、良く考えるとおかしくないですか?

徳川家が天皇家と家系で結びついて、将来を安泰なものにしました。

財閥解体時の資料を基に天皇財閥は4大財閥の10倍程度の規模があったという。

*現在は、それを家系図を利用して分散して隠蔽しているわけです。安倍晋三さん、麻生太郎さんも、その隠蔽をする為の組織のトップという訳です。

天皇家と安倍晋三、麻生太郎の家系図

こんな狭い家系図の中に国のトップ3がいるなんて、おかしくないですか?

日本を支配している麻生さんは、「天皇よりも偉い」とされています。

総理大臣が家系図の中でまわしている訳ですけど、何かおかしくないですか?

現在は、旧財閥企業の番頭を務めていた経営者の一族や、戦後生まれた産業資本の支配者達が「財界人」として財力を有している。

麻生太郎さんが天皇より偉いとは?

安倍晋三さんの兄貴分にあたり、事実上の日本の支配者であると見られています。権力がほとんど彼の手中に集中しています。そして、日本を破綻へと導いた張本人の1人(性格に言えば彼の親次世代が悪い)でもあります。

血の繋がりがあって、総理大臣をぐるぐる回しているだけというのが民主主義の実態なのですね。

出典tisen.jp

安田財閥と大久保利道の家系が結合しています。

現在でも、「宮内省」として貴族を保護するスタイルが”民主主義”とされる日本に存在しています。

天皇財閥の昭和天皇「広島原爆は仕方ない」

*日本の代表者が良くこんな暴言を言えたものだなと思います。お気に入り詳細を見る

日本の将来の姿は悲惨そのもの

日本の国力は、死亡数が出生数を上回るような異常な状態で、人口減少、若者減少で国力がどんどん下がっていく見込みです。

マイナンバーという国民管理制度によって、徴兵制・具国主義が復活する流れになっていると言われています。

天皇家と結びついた人たちが金を散在した事によって、国の借金がどんどん増え上がり、国民の生活が困窮しようとしています。

日本を私物化している人たちの家系図などを詳細にわたって載せています。日本は、一部の人たちに牛耳られ、それによって日本の「国民が返済すべき」借金が膨大に膨れ上がった事がわかります。

戦前の日本経済は財閥が支配していた。三井、三菱、住友、安田の4大財閥を中心に、古河、川崎、浅野、中島、日産、大倉、野村、日本窒素などの中小財閥があった。

日本は、戦前に天皇財閥が最大の財閥として凄まじい富を独占していました。農村部では食べるものもないような状況だったのですが、天皇財閥の資金は膨れ上がり、世界に影響力を持つまでになっていました。

戦後の国家体制にも影響を及ぼす天皇

1 2