1. まとめトップ

[大阪ポンコツ会議時系列まとめ]都構想対案?大阪戦略調整会議(大阪会議)で大阪自民党が支離滅裂

都構想の対案「大阪戦略調整会議」の動きを随時更新。都構想推進の市長は、話し合いで物事が決まるはずがないと言っていました。その都構想対案で、話し合いの場となる「大阪戦略調整会議」が大阪維新の会の賛成もあって2015年5月10日に可決。結果自民党は困って、しかも怒ってる・・・

更新日: 2016年02月20日

5 お気に入り 17966 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sakaisakai00さん

2014年に『二重行政を解消する』都構想対案として自民が議会に提出

自民党大阪府連は20日、大阪維新の会(代表・橋下徹大阪市長)が進める大阪都構想の対案を出す方針を決めた

大阪府と政令指定都市(大阪市、堺市)の二重行政を解消するため、各首長らで政策を調整する「大阪戦略調整会議」を設置する内容

しかし・・・『自治権の侵害で違法』と

設置条例案は自民が昨年9月議会で提出したが、自民以外の会派が「自治権の侵害で違法」などと批判

2015年5月に「大阪戦略調整会議」設置条例案を自民が再度提出

5月の住民投票で都構想案が否決されたことを受け、自民が5月議会に再提出

自民党が提出した府、大阪、堺両市の3首長と各議会議員で構成する「大阪戦略調整会議」の設置条例案

対案としていただけに、自民党が提出

維新は賛成に転じ、自民と維新で可決か

維新が「都構想の(自民側の)対案である同会議を一日でも早く始めるべきだ」として賛成

だけど・・・6月5日には

自民は全会一致での可決をめざすなどとして、他会派と同様に賛否を表明しなかった

びっくり

全会一致って、大阪府議会、大阪市議会、堺市議会でも全会一致をめざすの?

やってるフリだけ、何もしない宣言?

ところが5日後には可決

「大阪戦略調整会議」(大阪会議)の設置条例が10日、大阪市議会で可決、成立

維新・自民・公明で可決

公明との関係に配慮した自民が9日に議決方法などの修正案を示したため賛成に転じた

可決で大阪自民は喜んでいるかと思うと、困って逆ギレ

自民にも困惑する市議がいる。ある市議は賛成に転じた維新に「以前の激しい批判はなんだったのか」と憤り、「今回は継続審議で、9月議会に向けて批判された点を踏まえてブラッシュアップしていくつもりだった」

最初から継続審議を狙っているなら、提案しなきゃいいのに
公明党に歩み寄らなくても、維新と自民で可決もできたのに

しかも大阪府議会の自民議員によると、会議で二重行政があるのかないのか話し合うらしい

2015年6月 橋下市長は「民間企業でも30人で役員会をする企業はない。意思決定機関を合理的にするのが今の流れで政治や行政が浮世離れしている象徴」

橋下氏は、成立した大阪会議については「制度として不完全極まりない。全く機能しない」と切り捨てる

「民間企業でも30人で役員会をする企業はない。意思決定機関を合理的にするのが今の流れで政治や行政が浮世離れしている象徴」

都構想案を否決に追い込んだ自民の提案のため「維新は付き合う」としながら、「一度やってもらったらいい」と“お手並み拝見”とばかりに突き放した

可決する一方で、大阪会議の事務局となる「府市連携局」は否決

橋下徹市長(維新代表)が提案した「府市連携局」の設置議案は自民など野党の反対で否決

準備会合も不要

1 2 3