しかし、あまりにも優秀なため信じがたいと思う人もいるでしょう。そこで総裁はあえて経歴を詐称して劣等生でも自分のようになれると勇気づけようとしたのです。

前へ 次へ