1. まとめトップ

【東京】一度は行きたい有名・高級レストラン【フレンチ】

高級フレンチ…「高級フレンチに一度は行ってみたい!」、「特別な日に素敵な料理を食べたい!」、「有名なフレンチってどこがあるの?」という方は多いはず!おいしいもの大好きな私がご紹介いたしましょう!(^^)有名店、高級店は名前以外のことも知っておくと楽しみ方が広がりますよ!

更新日: 2015年06月29日

59 お気に入り 508051 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

navor613さん

Joel Robuchon(ジョエル・ロブション)

Joel Robuchonってなに?という方もこの外観は見たことがあるかもしれませんね。
駅から恵比寿ガーデンプレイスへ向かうと正面に見える建物です。
「お城みたーい」といって記念撮影をしてる方がいますが、一応これはお城ではなくてレストランです(笑)

ミシュランで3つ星を獲得した、最高峰のモダンフレンチが味わえるレストランです!
そんなお店の店内はシャンパンゴールドの色調、イスやテーブルは黒で統一されています。
これだけでも高級店だというのが伝わってきますね~(^^;)

最高の食材をふんだんに使った贅沢な味!
どの料理も芸術のような美しさです!!

最寄り駅 恵比寿駅
営業時間
ランチ  11:30~14:00(LO)、土日祝は12:00~
ディナー 18:00~21:30
お値段
ランチ  8000円~
ディナー 23000円~
L,Dともにアラカルトあり 5000円~15000円
軽装NG、男性ジャケット推奨、子ども10歳未満NG

BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO(ベージュ アラン・デュカス 東京)

誰もが知っているあの有名ファッションブランド「シャネル」と「アラン・デュカス・エンタープライズ」とのコラボによって生まれたレストランです!
こちらの店内はホテルのような雰囲気があります。
シンプルさを意識しているようです。
ゆったりとしたイスが良いですね~

アラン・デュカス(Alain Ducasse, 1956年9月13日 - )は史上最年少で3つ星を獲得したモナコ国籍のシェフ。パリのオテル・プラザ・アテネのレストラン「アラン・デュカス」や、モナコのレストラン「ルイ・キャーンズ(Louis XV)」の他、世界各地でレストランを経営する。ミシュランから異なる国で3つ星をつけられた、史上初のシェフである。

ベージュではないですが、アラン・デュカス氏の手がける海外のレストランでは3つ星を獲得しています。これを読めば、ベージュのすごさも少しはわかるはず!

アラン・デュカス氏も認める小島シェフが食材を厳選し、それぞれの食材を生かし、一番おいしく味わえる料理となっています!

最寄り駅 地下鉄 銀座駅
営業時間
ランチ  11:30~16:30(14:30 LO)
ディナー 18:00~23:30(20:30 LO)
定休日 月曜日、火曜日
お値段
ランチ  5500円~
ディナー 14000円~
軽装NG,男性は襟付きの服着用、子ども12歳未満NG

Quintessence(カンテサンス)

東京版のミシュランで3つ星を獲得した名店!
以前の店内とは違い、落ち着いたカラーとゆったりとしたスペースで食事することができます。
カンテサンスという名前はフランス人には''物事の本質”''神髄”などを連想させる言葉で、非常に奥が深いですね。

岸田周三シェフは本場フランスの数々の名店で修行を積んでおり、「レストラン カンテサンス」を立ち上げた翌年の2007年に「ミシュラン東京ガイド 2008」にて3つ星を獲得しています!
そんなカンテサンスには多くの著名な方々も来店しているようです。
ミシュラン3つ星レストラン「アストランス」で身につけたキュイゾン(火の入れ方)にこだわっているので、メニューは「おまかせの1コース」のみとなっています。

その日その日のお客様のために厳選された食材と、独特のキュイゾンによってつくられた料理をお楽しみください!

最寄り駅 品川駅
営業時間
ランチ  12:00~15:00(13:00 LO)
ディナー 18:30~23:00(20:00 LO)
定休日 日曜日中心に月6日間
お値段
ランチ  8500円
ディナー 18000円
軽装NG、男性ジャケット推奨、エレガントカジュアル推奨、子ども16歳未満NG

PIERRE GAGNAIRE(ピエール・ガニェール)

ANAインターコンチネンタルホテル東京の36階に位置しているため夜景がとてもきれいです!
東京タワーも見えますね~
おしゃれなお店ときれいな景色!
「夜景よりも、きみの方が…」なんてセリフも言えちゃうかも!?(笑)

ピエール・ガニェール(Pierre Gagnaire、1950年4月9日 - )は、前衛的と評されるフランスのシェフである。1992年にフランス中部のサン=テティエンヌに出した店でミシュラン3つ星を獲得したものの、破産により閉店。パリで知人の出資を得て出店し、再び3つ星に返り咲いた異色の経歴を持つシェフで、2001年からは、フランスの物理化学者エルヴェ・ティスと協力し、分子ガストロノミーという科学の考え方を取り入れた、新しい料理法に取り組んでいる。

ガニェール氏もすごいですね!一度ミシュランで3つ星を獲得したので順風満帆かと思いきや、破産して…どん底かと思いきや、また3つ星を獲得するという!まさに奇跡の人ですね!

料理・サービス・空間、そして景観…すべて良しのピエール・ガニェール!こんなレストラン他にはない!

最寄り駅 溜池山王駅、六本木一丁目駅
営業時間
ランチ  11:30~13:30(LO)
ディナー 17:30~20:30(LO)
定休日 月曜日(祝祭日は要問い合わせ)
お値段
ランチ  7000円~(平日は4650円コースあり)
ディナー 17000円~
Dのみアラカルトあり 7500円~21000円
スマートカジュアル、子ども7歳以上から

THE CRESCENT(クレッセント)

これもすごい立派な建物ですね~!
「THE CRESCENT HOUSE(クレッセントハウス)」と呼ばれるこの建物は、1968年にヴィクトリア朝風の建築様式を採り入れた英国風煉瓦造の洋館となっています。
歴史がある分いい雰囲気を醸し出していますね~
ミシュランでは2つ星を何年も連続で受賞しており、味に定評があるようですね!

メインダイニングも英国風の造りとなっています。
歴史を感じながら食事をすることができるだけでなく、窓からは芝公園の緑を一望できます。
さらに東京タワーも見ることができます。
なかなかこういうレストランはないのでは?

英国の雰囲気の中、東京タワーを見ながらの食事も素敵だと思いませんか?

最寄り駅 御成門駅、大門駅、浜松町駅
営業時間
ランチ  土曜日 12:00~(13:00 LO)
ディナー 平日  17:30~22:30(20:30 LO)
     土曜日 18:00~22:30(20:30 LO)
定休日 日曜日、祝日
お値段 12000円~

Cuisine[s] Michel Troisgros(キュイジーヌ[s] ミッシェル・トロワグロ)

ミッシェル・トロワグロ氏が世界中の旅で出会った興味深い料理や素材、フランス以外の料理のエスプリを自由に取り入れながら、しなやかに、多面的に変化する料理を表現しています。

自然とモダニズムの調和により、都会の喧騒から切り離され、リラックスして素敵な料理を堪能できます!

最寄り駅 新宿駅、都庁前駅、西新宿駅
営業時間
ランチ  12:00~13:30
ディナー 18:00~20:30
定休日 火曜日、水曜日、日曜日、祝日
お値段
ランチ  6000円~
ディナー 14000円~
アラカルト 3000円~16000円
男性ジャケット推奨、子ども未就学児NG(個室はOK)

ESqUISSE(エスキス)

店内はすっきり、広々としているので、自分たちの空間を楽しめます!
床がカーペットではなく木なので、他のフレンチとは少し違った雰囲気がありますね(^^)

ESqUISSEとは素描。絵画や建築の図面におおまかな線で描くことで生まれるものです。
料理人は何よりまず職人(アルチザン)です。素描(エスキス)という手法を使って料理を創作しますが、料理は“ 決定的な作品” にはなりません。
料理人のアイデアひとつひとつが味というはかない形を取るものです。それは私たち料理人の感情やインスピレーション、欲求や情熱が、ある瞬間現れたもの…。

というように、オリジナルの手法・ポリシーがあるようです!
他では味わえない料理が、ここにはあるんですね~

ミシュラン2つ星のこのお店。
健康に配慮された、オリジナリティーあふれる料理をぜひ一度食べてみてはいかがでしょうか!

最寄り駅 地下鉄 銀座駅
営業時間
ランチ  12:00~13:00(LO)
ディナー 18:00~20:30(LO)
日曜日はディナーなし
お値段
ランチ  11000円~
ディナー 19000円~
軽装NG、男性ジャケット着用推奨、子ども中学生以上から

L'Osier(ロオジエ)

資生堂の経営する高級フランス料理店!
空間デザインは世界的に有名な建築デザイナーのピエール=イヴ・ロション氏が担当しました。
2013年からはオリヴィエ・シェニョン氏がシェフに就任し、新しいロオジエが誕生しました。
個人的に以前の外観よりも、今の白ベースの方がきれいで好きです(^^)

ロション氏は世界のホテル、高級レストランなどを担当している方なので、内装はやはりラグジュアリー・エレガントという言葉が似合いますね!
資生堂とロション氏、それぞれのカラーがしっかり表れているといった感じでしょうか。
吹き抜けになっているので空間を広く感じることができます。
まあ、私は建築は詳しくはないですが…(笑)
ミシュランガイド2015では2つ星を獲得しています。

1 2