1. まとめトップ
1 お気に入り 1375 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

asdf2020さん

運転士、水飲んでも報告不要! JR東海が規定見直し

電車の運転士らに熱中症とみられる症状が相次いだため、JR東海は乗務中に水分を補給した際に義務づけていた報告を不要にした。今月から在来線で始めている。

飲んだら一々報告が必要、そのワケは……

JR東海の乗務員は停車中に水分補給が認められているが、飲んだ場合、乗務中の無線報告と業務終了後の報告書の提出が義務づけられていた。飲んだ時間や場所、理由や乗客の苦情の有無も記していた。

この「乗客の苦情」というのがミソ。「仕事中に水を飲むな」という信じられない苦情が相次いだため、このような内規を設けていた

運転士の熱中症が相次ぎ、規定見直し

ところが5月下旬、東海道線で運転士や車掌が熱中症とみられる症状で搬送され、電車が緊急停止して乗客が閉じ込められるなどの事態が続いた。このため、報告を不要にして水分補給を促すことにした。

運転士が熱中症でダウン!遅延損害は大きいぞ

28日午後1時5分ごろ、JR東海道線の幸田駅(愛知県幸田町)で、ホームに着いた豊橋発岐阜行き普通列車の運転士(28)が手足のしびれを訴え、救急車で病院に運ばれた。この運転士は25日にも熱中症とみられる症状で列車を緊急停止させ、救急搬送されており、復帰後の乗務はこの列車が初めてだった。

JR東海は運転士の乗務復帰について「主治医、産業医と面談し問題ないと言われており、適切だった」としている。28日の救急搬送で列車は幸田駅で部分運休となり、乗客約30人は後続の列車に乗り換えた。

出典某新聞社

報告までして飲みたくない運転士がほとんどだった

運転士の一人は「いつ水分を取ったか、客から苦情はなかったかなど事細かに報告しなければならず、そこまでして水を飲みたがる人はいない」と話している。

水を飲ませない根性体質、あるいはモンスタークレーマーが原因なのは明白。国内に蔓延るそういった考え方は撤廃されるべきである

みんなの反応

なぜ、報告が今まで必要だったのか。。。

報告が必要意味がわからんな。

これは乗務員、ひいては乗客の安全を守るための適切な対応だと思う、人間は機械じゃない・・・というか機械でさえ正しいメンテナンスをしないと壊れる物だというのを理解してないシビリアンが増えすぎた

そもそも近年の日本は自分の価値観や正義を主張するクレーマーに屈すしすぎ。
サービスの向上には何かしらの犠牲はあるんだから。

水分ぐらい摂ったって、いいでしょ! これは「あっ、運転手さんが飲み物飲んでる」といった苦情を減らす為にも、たくさんの方々に知られて欲しい。

「水飲んでたぞ!」って謎のクレーム出す乗客に問題があるのに、なぜかJR東海が叩かれている不思議

運転中に意識不明になって、それで大事故起きて取り返しつかなくなる方が怖いわ。

1