1. まとめトップ

【雑学】知ってどうなるものでもないけどほんのり知ってるとうれしい雑学

知っていることで食っていけるわけでもなんでもないけど、なんかの場面で知っているとうれしいような、ちょっとした雑学集です(人はそれをトリビアとも言います)。

更新日: 2017年11月11日

6 お気に入り 6603 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

moepapaさん

なかなか日常で知りえない雑学の数々

カメムシは自分の出した臭いで気絶、または死亡する。
なおカメムシの臭いはベンジン等使えば落ちやすい。

お弁当に入っている醤油やタレを入れるあの容器の名前は「たれびん」

ワイシャツのワイは、アルファベットの「Y」ではなく、「White(白)」のワイ。

ビザンツ帝国の首都のコンスタンティノープル、そこの城壁はとてつもなく堅く何回も外敵の侵入を食い止めてきた
しかし1453年オスマン帝国により陥落する

そう、城門を閉め忘れたからだ

「ソーセージ」とは腸詰め食品全般で、
「ウィンナー」とは、ソーセージの一種で、羊とヤギの腸でできたソーセージの事。

モーツァルトは「俺の尻をなめろ」って曲を作曲している

オスのセミは求愛の為に鳴く
メスのセミには耳はない

この矛盾は切ない・・・

ハト時計の時間を知らせるために飛び出してくる鳥は”カッコウ”

社会の窓は英語で XYZ

examine your zipperの略

野口英世の母の名は野口シカ
姉は野口イヌ

どうして体温計は42度までしかないの?
 これは有名な話なので知っている方も多いかと思います。

 42度になったら死ぬからです。

 人間の体はタンパク質でできていますが、温度が上がると変性して固まります。
 一旦変性したタンパク質は元に戻らないので、これが死ぬ原因になります。
 そして、その温度が42度というわけです。

銅+亜鉛→黄銅(ブラス):5円玉
銅+錫→青銅(ブロンズ):10円玉
銅+ニッケル→白銅(キュプロニッケル):50円、100円玉
銅+亜鉛+ニッケル→洋白(ニッケルシルバー):500円玉

地球上で一番収穫量が多い果物はブドウ。
そのうち、そのまま食べられるのは2割で、
その他の8割はワインを作るために使われています。

注文すると、当たり前のようについてくるコーヒーの受け皿。
これは何のためについてくるのか知っている人は
あまりいないのではないでしょうか。

この受け皿は、コーヒーを冷ますためにあるんです。
昔の人は、コーヒーを「受け皿」に移し、冷ましながら飲んでいました。

カップ焼きそば”UFO”は「旨い 太い 大きい」の略である。

お菓子メーカーのロッテは、使い捨てカイロを始めて発売した。

板橋駅は
西口を出ると板橋区
東口を出ると北区
ホームが豊島区

電話機を最初に発明したのは、グラハム・ベルではない。
グラハム・ベルが最初に発明したと一般的にはしられている電話機だが、
ベルが完成させる一ヶ月前に
エリシャ・グレーという発明家が電話機を完成させていた。

昔、イギリスではドアを開けた瞬間に殺されないように女性を盾として先に入室させていた

これ、レディーファーストの起源

濃口醤油より、薄口醤油の方が塩分が多い。

空気注射で人は死ぬの?

 死にますが、少量では死にません。

 量ははっきりとは分かっていませんが、致死量は少なくとも20~30ccと考えられています。
 ただし、説によっては100ccでも問題ないというものもあるそうです。
 死ぬ理由には「空気塞栓」「血栓の生成」「心臓のロック」があります。
 また、脳の血管は非常に細いため、少量の空気でも脳血管を詰まらせると、
 深刻なダメージを引き起こす事があります。
 なお、血液中の空気はいずれ血液に溶け込みます。

うさぎを一羽二羽と数えるのは
昔のうさぎは今より耳が長くその耳を羽ばたかせて空を飛んでいて
それを昔の人が鳥と勘違いしていたから

ではなくて
獣肉を食べられない坊さんがそれでも獣肉を食べたかったから
うさぎは獣じゃなくて鳥だということにしてしまった名残

真ん中に穴があいているという不思議なカタチをしているドーナツ。
このカタチには秘密がありました。
これには、火の通りが良くなり早く揚がるようにするという理由がありました。

昔のドーナツには穴がなかった。
穴の開いたドーナツが登場したのは19世紀半ばで軍人が考案したと言われている。

1 2